編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

業界タイムマシン19XX--Trip4:アップルジャパンの早暁 - 4/6

大河原克行

2007-06-15 08:00

 ……ようこそ、「業界タイムマシン」のコックピットへ。私は、ナビゲーターの大河原克行です。このコーナーでは毎回、IT業界の歴史を、当時の写真を交えながらご紹介していきます。
 さて、今回のテーマは、「アップルジャパンの早暁」です。
 1983年に設立されたアップルコンピュータジャパンは、来年設立25周年を迎えようとしています。マックやiPodで、いまや多くの人に支持されているアップルですが、日本法人が設立された当時は、一部の先進ユーザーやマニアユーザーが好んで利用する一風変わったパソコンという印象でした。その後のiMacの発売などによって、マックは着実に日本に浸透し、日本法人が果たす役割も大きくなってきました。今回は、アップルジャパンの歴史を、写真とともに振り返ってみましょう。
 それではこれから、あなたをIT業界の過去へと誘います……。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)
 1993年2月、アップルはカラークラシックや、新たに投入したセントリスシリーズなど6機種を一斉に発表した。当時のアップルとしては過去最大の発表会。ペプシ再建で名を馳せ、米Appleの会長に就任したJohn Sculley氏が来日し、会見を行うという力の入れよう。東京・原宿のクエストホールで行われた会見は、当然のことながら満席となった。この時、Sculley氏は、マックの累計出荷が全世界1000万台、日本では50万台に達したと発表。同時に、国内では年間14万台の出荷を目指すことを明らかにした。2006年度の実績では、全世界で年間530万台以上のマックと、3900万台以上のiPodを出荷したアップル。その事業規模には格段の差がある。ちなみに、この会見では、国内におけるソフトメーカーを組織化するアップル・テベロッパーズ・グループの設置が発表され、その時点で、約1000本のマック用日本語ソフトがあることも示された。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)

 1993年2月、アップルはカラークラシックや、新たに投入したセントリスシリーズなど6機種を一斉に発表した。当時のアップルとしては過去最大の発表会。ペプシ再建で名を馳せ、米Appleの会長に就任したJohn Sculley氏が来日し、会見を行うという力の入れよう。東京・原宿のクエストホールで行われた会見は、当然のことながら満席となった。この時、Sculley氏は、マックの累計出荷が全世界1000万台、日本では50万台に達したと発表。同時に、国内では年間14万台の出荷を目指すことを明らかにした。2006年度の実績では、全世界で年間530万台以上のマックと、3900万台以上のiPodを出荷したアップル。その事業規模には格段の差がある。ちなみに、この会見では、国内におけるソフトメーカーを組織化するアップル・テベロッパーズ・グループの設置が発表され、その時点で、約1000本のマック用日本語ソフトがあることも示された。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)

写真提供:大河原克行

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]