M・ケイパー氏:「3Dインターネットは主流になる間際」

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部 2007年06月18日 14時11分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 マサチューセッツ州ケンブリッジ発--Linden LabのチェアマンでPC業界のパイオニアでもあるMitch Kapor氏によると、バーチャル世界つまり3Dインターネットに関連する業界は、現状は無秩序で入り乱れた情勢であるものの、メインストリームへの普及の間際にあるのだという。

 同氏は米国時間6月15日、IBMとMIT Media Labが当地で開催したバーチャル世界関連のイベントで講演した。Linden Labは人気のバーチャル世界環境「Second Life」を運営している。

 同氏は講演で、PCの黎明期とバーチャル世界の黎明期の間に多くの類似点を指摘した。つまり、バーチャル世界に対し多くの人が懐疑的であり、製品には適切に対応できないタスクが多くあるという。

 しかし、アーリーアダプターがこの技術の潜在的な影響力に否定的な意見を述べたにしても、バーチャル世界への人々の情熱が高まっていると主張した。その熱気は、メディアによるバーチャル世界への注目になって表れている。1日の記事が100件を超えることもある。

 同氏は「こうした情熱の原動力となるのは、多くの熱狂した人たちが持つ共通意識にある。彼らは、たとえこの技術を十分明確にとらえることも、行く末を知ることができなくても、この技術が非常に重要で実に大変な事であると考えている」と述べる。

 同氏は、ひらめきの瞬間はSecond Lifeに記録されたSuzanne Vega氏のコンサートを観ているときだったと説明した。世界のどんな場所からでも参加できる視聴者、シミュレートされたVega氏のパフォーマンス、人々との相互的な関わりを見て、このメディアの潜在的な力に気付いたのだという。

 同氏は「バーチャル世界は、私たちがそうなるかもしれないと想像したものになるということ、制限と制約が物理的世界よりもはるかに少ないということに気付いた」と述べた。

 60年代の申し子を自称する同氏は「気晴らしのためのドラッグがどのくらい危険なものであるのか知らなかった時に、ドラッグを使用した経験を思い出す」と述べた。

 同氏はLinden Labが下したいくつかの選択は、別のバーチャル世界の中でも普通に受け入れられるものになっていくだろうと述べた。

 同氏はとくに、グラフィックの専門家ではなくユーザーにコンテンツ作成能力を与えること(数年前にLinden Labが設立された当時は革新的な発想だった)が一般的になるだろうと述べた。

 同氏は、革新的な技術である3Dインターネットが、ハードウェア製品やソフトウェア製品の市場を切り開くだろうと予測した。たとえば、より没入的な使用感を得るために、ゴーグルやグローブなどのハードウェアが現れるだろう。

 同氏はまた、バーチャル世界で物理的な物質のレプリカ作成を可能にする「リアリティ獲得デバイス」の需要が非常に高まるとも述べている。より洗練されたスケーラブルなアプリケーションやバーチャル世界を実現するには、現在でいうアプリケーションサーバなど、技術的なインフラがより多く必要になるだろう。

 Kapor氏は最終的に、PCがデスクトップパブリッシング分野でしてきたことと、3Dインターネットが3次元印刷分野でできることの類似性に注目する。3次元印刷では、特別設計のプリンタで粉末を層状に吹き付けて、物理的な物質を作成する。

 同氏は話を進め、Second Lifeの技術的なインフラは次々に、標準に準拠したオープンなものになるだろうと述べた。クライアントソフトウェアのオープンソース化が、最初のステップだった。

 「Second Life内で使用される標準プロトコルにはプロプライエタリなものが1つも存在するべきではなく、Second Lifeはより大きなものの一部になる。もしわれわれがそうしなければ他の企業がそれを行い、最終的には打ち負かされてしまうことになるから、自分たちで行うのが賢明であるというのが、私の考えである」(Kapor氏)

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

  • 【3/31まで早期割引受付中!】「IBM Watson Summit 2017」開催

    日本IBMが主催する最大の国内総合イベント。テクノロジー・リーダーの疑問を紐解く「企業IT、セキュリティー、モバイル、データ解析などの進化を探る」詳細はこちらから!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化