編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

学会の意見交換をケータイ向けコミュニティサイトで支援、DNPとNIIがシステム開発

ニューズフロント

2007-06-18 19:37

 大日本印刷(DNP)と国立情報学研究所(NII)は、コミュニティサイトを使った学会向けの情報支援システムを開発した。学会の参加者が会場で気になった情報を携帯電話で撮影、投稿し、あとからほかの参加者とウェブ上で意見交換できる。6月18日より宮崎県で開催される人工知能学会に導入する。

 この学会向け情報支援システムでは、学会の参加者に携帯電話向けのアプリケーションを配布する。参加者は携帯電話のアプリを起動して、会場の展示物や発表を撮影し、画像とコメントをサーバ上にある個人フォルダに書き込み、保存する。

 保存した情報は、携帯電話やPCから閲覧、編集したうえで、コミュニティサイトに公開できる。撮影した画像が文字を含む場合、文字をテキストデータに自動変換することが可能。会場内にはICカードをかざすだけで個人フォルダにログインできるインタフェースも用意する。

 また会場内に複数設置した人感センサーを利用し、主要な場所の混雑状況をサイトや会場内のディスプレイにリアルタイムで表示する。参加者が会場内の各場所でICカードをかざすとその履歴を記録し、サイトの個人ページに登録したスケジュールと合わせ、自分の行動をあとから振り返ることができる。参加者はあとから履歴を編集し、サイトに公開できる。

 このほか発表を聴講する際にPCから質問のメモを作成、共有できる機能や、発表の残り時間を通知する機能、インターネット上の研究者の情報を収集し、研究テーマや関連キーワードを抽出する機能も用意する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]