ユニファイドコミュニケーションがVoIPの価値をさらに高める

文:Deb Shinder 翻訳校正:吉井美有 2007年06月19日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ユニファイドコミュニケーション(UC)はIT業界における新たな流行語であるが、それは実際に何を意味するのだろうか?UCを導入するにはVoIPが必要なのだろうか、それとも逆にVoIPを導入するのにUCが必要なのだろうか?UCは、ビジネスの世界におけるVoIPの普及をどのように後押しているのだろうか?今回は、Deb ShinderがVoIPとUCの関係を説明するとともに、こういった疑問に答えている。

 ユニファイドメッセージングやUMとも呼ばれるユニファイドコミュニケーション(UC)はIT業界における新たな流行語であるが、それは実際に何を意味するのだろうか?この質問に対する答えは、問いを向ける先によって違うだろう。例えば、ベンダーは自分たちの売りたい商品に応じて用語の定義を独自に変更する傾向がある。しかし、ほとんどの定義によればUCはボイスメールや電子メール、ファクス、インスタントメッセージ、ビデオ会議などのさまざまなコミュニケーション手段を1つのインターフェースおよび/またはレポジトリに統合する能力のことである。

 とは言うものの、企業においてユニファイドコミュニケーションソリューションを実現する方法はいくつもある。最も簡単な形式のものでは、電子メールクライアントを通じてファクスやボイスメールメッセージにアクセスする機能が提供されている。より洗練されたものでは、電子メールの内容を電話で聞くという機能だけではなく、口述した内容を電子メールやインスタントメッセージ、ファクス、ボイスメッセージとして返信するという高度な機能も提供されている。

 UCの導入にあたっては、通常の電話システムの利用が可能であるため、VoIPが必須というわけではない。とは言うものの、VoIPが導入されていた方がユーザーの利便性が向上する。VoIPサービスには電子メールへのボイスメール転送メカニズムや、Find Me Follow Me(FMFM)機能など、UCシステムの機能がすでに搭載されている。さらに、VoIPが導入されていれば、従来の電話サービスに依存するUC製品を利用する場合に比べて、スケーラビリティが向上するうえ、より優れた統合を実現できる。

 電子メールに代表される非同期通信を、電話といったリアルタイムの通信と組み合わせようとすると、ある種の難しい問題が発生する。しかし、ユーザーはより高い柔軟性を手にし、ユーザー間のメッセージの受信や処理、送信を各自に適した方法で行えるようになる。

企業環境におけるUCの利用

 驚くほどのことではないが、UCの導入は中小企業よりも大企業の方が進んでいる。UCを導入することでエンドユーザーの日常をよりシンプルなものにし、運用や維持にかかるコストや、間接費を削減することが可能になるものの、中小企業にとっては当初かなりのコストがかかり、ややこしいものとなる可能性もある。しかし、この分野の競争が激しくなり、UC製品の価格が下がってきたことで、中小企業でもVoIPをベースとしたUCの導入が進んでいる。

 UCシステムの標準的な機能のいくつかは、生産性を大幅に向上させることができるものであり、そのメリットは顧客やパートナー、ベンダーとの間や企業内における毎日の(またはより頻繁な)コミュニケーションに依存している企業において顕著である。UCシステムによってユーザーは以下のようなことが可能になる。

  • 電子メールやボイスメールメッセージ、ファクスなどにアクセスする際に、同じデバイスおよびインターフェースを使用することができる
  • メッセージや発信者に優先順位をつけ、優先度の高いメッセージを先に取り出して迅速に対応することができる
  • メッセージングシステムを切り替えることなくメッセージに応答したり、通話中にメッセージを転送することができる
  • ボイスメッセージを電子メールの添付ファイルとして他のユーザーに送信することができる。これには、アシスタントなどの特定人物が常にそのボイスメッセージのコピーを受信するよう自動転送を設定する機能も含まれている
  • 複数の宛先へのメッセージ送信を1通話で行うことができる
  • テキストから音声への変換機能を用いて、電子メールのメッセージを電話で聞くことができる
  • 電子メールへの返信として電話で口述した内容を送信することができる
  • 新たに受信したファクスに関する情報を電話で聞くことができる
  • どのようなコンピュータやモバイル機器の電子メールクライアントからでもファクスを閲覧することができる
  • ファクスを電子メールの添付ファイルとして転送することができる
  • ボイスメールメッセージや電子メールメッセージ、ファクスの受信をポケットベルや携帯電話に通知することができる
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

  • ビジネスの継続的な成長を促す新たなITのビジョン

    多くの企業においてITに求められる役割が、「守り」のコスト削減から「攻め」のビジネス貢献へとシフトしつつある。その中でIBMが提唱する新たなビジョンEnterprise Hybrid ITとは?

  • デジタル変革か?ゲームセットか?

    デジタルを駆使する破壊的なプレーヤーの出現、既存のビジネスモデルで競争力を持つ
    プレイヤーはデジタル活用による変革が迫られている。これを読めばデジタル変革の全体像がわかる!

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化