編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

SaaS型Webオーサリングツール--JavaScriptの実行・テストも可能

大野晋一(編集部)

2007-06-18 22:20

 ブラウザ上でHTMLやCSS、JavaScriptのオーサリングが可能なオープンソースソフトウェア「rainbow9」が公開されている。JavaScriptコードのテストが可能なシェルを備えるなど、非常に高機能だ。既に、実際に試すことのできるサイトやデモムービーも用意されている。

 rainbow9は、ウェブサイトの作成に必要な機能をオンラインで提供している。いわば、SaaS型のウェブオーサリングツールだ。アカウントを登録して、ウェブサイトプロジェクトを作成、HTMLやCSS、JavaScriptなどをプレビューまたは実行/テストしながら作成することができる。

 特に、JavaScriptについては、エディタだけでなく実行シェルも用意され、コードの断片をテストしながら記述することが可能、シェルに書いたコードについてはエディタへそのままインポートしてファイルへ保存することもできる。”var”や”function”といった予約語については補完機能も用意されている。

JavaScriptの実行シェル JavaScriptの実行シェルfunまで入力した時点でfunctionが補完されている

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]