xfyラプソディ--第4番:外部データベースのすすめ - (page 3)

福田昌弘

2007-06-20 08:00

XHTMLドキュメント上にコンポーネントを配置

 このようにデータベースに問い合わせを行い、2つのテーブルのデータを表示するCustomer Sheetは、前回「第3番:再利用」でも示したXHTMLドキュメントで実現している。

 まず、取引先名を入力する[Company name]は、1行2列の表として実装する。xfy Enterprise Clientで、[表]メニューから[表の挿入]メニューコマンドを実行し、表示された[表の挿入]ダイアログボックスを使ってヘッダとフッタのない表を作成する。

 次に、XHTMLドキュメントにDatabaseコンポーネントを挿入する。[挿入]メニューで[XMLオブジェクト]メニューコマンドを選択して、[XMLオブジェクトの挿入]ダイアログボックスを表示する。そして、[参照]ボタンをクリックして[XMLデータの選択]ダイアログボックスを表示し、[テンプレート]から[Database(DB2)]を選択して[挿入]ボタンをクリックする。これで、DatabaseコンポーネントのURLが[XMLオブジェクトの挿入]ダイアログボックスの入力フィールドに追加される。XMLオブジェクトの属性を“埋め込み”にして[OK]ボタンをクリックする。

xfy04_05 Databaseコンポーネントの挿入。

[XMLオブジェクトの挿入]で[OK]をクリックすると、XHTMLドキュメント上に[クエリジェネレータ]という名のボタンが配置される。この[クエリジェネレータ]ボタンによって、データベースへの問い合わせ内容をウィザード形式で作成する“クエリジェネレータ”を呼び出す。

xfy04_06 [クエリジェネレータ]ボタンを配置。(画像をクリックすると拡大表示します)

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]