編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NECとシステムズ、Windows Vista対応システム導入分野で協業

ニューズフロント

2007-06-22 15:26

 NECとシステムズは6月22日、Windows Vista対応システム導入ソリューションの販売で協業すると発表した。

 両社は「Windows VistaやOffice2007の導入にともない、システム全体の見直し、サーバ側ミドルウェアの最新版へのアップグレートが必要になるケースが発生する」と述べる。こうした状況に対応するため、Vista導入に必要なコンサルティングサービスや、アップデートが必要な周辺ミドルウェア製品の組み合わせ検証などに取り組む。

 具体的には、NECの情報管理ソフト「InfoFrame DataCoordinator」とシステムズの「Windows Vista/Office 2007導入支援コンサルテーションサービス」を共同販売する。DataCoordinatorを用いると、さまざまなデータベース管理システムの移行が容易に行えるという。また、システムズのサービスは、Windows Vista導入時の旧WindowsやOfficeスイートのリプレース、業務アプリケーションの移行といった作業を支援する。

 両社では、今後3年間で、DataCoordinatorの出荷150本および関連事業も含め、40億円の売り上げを目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]