編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

日本ラドウェア、アプリケーションアクセラレータ「AppXcel」にWAF機能を追加

CNET Japan Staff

2007-06-22 15:40

 日本ラドウェアは6月21日、同社のアプリケーションアクセラレータ「AppXcel」にWeb Application Firewall(WAF)機能を追加し、2007年7月より販売を開始することを発表した。価格は、WAFライセンスモジュールが261万円(AppXcelハードウェアが別途必要)となる。

 WAFは、クロスサイトスクリプティングやSQLインジェクション、HTTPなどのアプリケーションレイヤーの攻撃を自動的かつ迅速に防御する機能を搭載。正しい通信の特徴を自動的に学習し、運用管理者の負荷を軽減する。

 また、「既知の脆弱性や一般的な攻撃からの保護」「シグネチャベースの保護」「RFC違反などのプロトコル違反からの保護」「ワームからの保護」「ネットワークファイアウォールによる保護」の5つの保護機能により、ウェブアプリケーションを確実に保護することもできる。

 同時にAppXcelの機能も利用可能。AppXcelが持つ、各種アプリケーション高速化機能(SSLアクセラレータなど)と同時に動作させることが可能。パフォーマンスの劣化を最小限にすることが可能。たとえば、ウェブサーバ上で実行されるSSL処理を行いながらWAF機能を動作させることができる。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]