編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

ISID、仮想化ミドルウェア「GridServer」「FabricServer」を販売

ニューズフロント

2007-06-25 21:13

 電通国際情報サービス(ISID)は6月25日、米DataSynapseの仮想化ミドルウェア製品の販売を始めると発表した。

 DataSynapseは、負荷分散ソフト「GridServer」やサーバ仮想化ソフト「FabricServer」などのアプリケーション仮想化グリッドミドルウェアを手がける企業。ISIDによると、DataSynapseの製品は「金融マーケット取引など高度な計算が必要とされる領域において、欧米の大手金融機関による採用実績を多く持つ」という。

 ISIDは、DataSynapseとの販売代理店契約を通じ、金融キャピタルマーケット領域におけるソリューション強化を狙う。具体的には、アプリケーション開発でDataSynapse製品を利用、他社製品と組み合わせて顧客に提供、といった活動を展開していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]