編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

立命館高等学校、情報科の授業でTurbolinux 10 Desktop & Turbolinux FUJIを採用

CNET Japan Staff

2007-06-25 20:06

 ターボリナックスは6月22日、立命館高等学校が高校3年生の理系の全生徒を対象とした情報科の授業で「Turbolinux 10 Desktop」および「Turbolinux FUJI」を採用したことを発表した。

 授業では、まずコンソールと操作コマンド、ディレクトリ構造、パーミッションについて理解を深め、その後4カ月間、xemacsのテキストエディタを使ってC言語のプログラミング実習を行う。最後には、Turbolinux 10 Serverで構築した授業用のウェブサーバで、CGIの学習とPerlによるカウンタや掲示板を作成し、ウェブページとの連動を学習する。

 5つの情報関連教室に設置された約230台のPCで、Windows XPとのデュアルブート環境を構築した。2006年度は約90人の生徒が受講している。

 立命館高校は、1998年度から、立命館大学でのデータ処理などにおける即戦力をつけるため、高校3年生「理系情報」という科目で、UNIXの基本操作やC言語プログラミングの基礎、PerlやCGIによるウェブプログラミングの基礎を習得することを目的とした授業を展開している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]