IPアドレスの読み方--ネットワークのイロハ(4) - (page 2)

宮本健一(ノーテルネットワークス) 2007年07月02日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 クラス分けでは、ネットワーク部とホスト部の分け方が「クラスA」から「クラスD」まで4種類ある。なお今回は、クラスDはIPマルチキャストという特別な用途で使用されるものということだけ覚えておいて欲しい。クラスAからクラスCまでのIPアドレスは、1バイト(8ビット)ごとに単位が区切られている。

 クラスAは、最初の1バイト(8ビット)のみを「ネットワーク部」とし、残りを「ホスト部」とする。つまり、クラスの中で一番多くのホスト部が割り当てられるので、IPアドレスを付与できる端末が多い大規模ユーザーに適している。

クラスA クラスAの例

 このクラスの最初の列は、「0」から「127」で、この数値がIPアドレスの先頭列に来ていたらクラスAと認識できる。クラスAを2進法で表すと、8ビットの先頭の1ビット目が「00000000」(十進法の「0」)で始まり、「01111111」(十進法の「127」)で終わるため、「0」から「127」の番号帯が与えられる。ちなみに、クラスAに割り当てられるホスト部のアドレスは1677万7214個もある。

 クラスBは、最初の2バイト(16ビット)がネットワーク部となり、中規模ユーザーに適している。このクラスは、最初の8ビット部分の頭2ビットが2進法の「10」で始まるため、ネットワーク部の最初の部分には「128」から「191」が与えられる。その次の部分は、「0」から「255」までが与えられる。つまり、2進法で表すと「10000000.00000000」(十進法の「128.0」)から「10111111.11111111」(十進法の「191.255」)となる。ホスト部には6万5534個のアドレスが与えられる。

クラスB クラスBの例

 クラスCは、最初の3バイト(24ビット)までがネットワーク部だ。このクラスは、最初の8ビット部分の頭3ビットが2進法の「110」で始まるので、ネットワーク部の最初の部分が「192」から「223」となる。つまり、2進法で表すと「11000000.00000000.00000000」(十進法の「192.0.0」)から「11011111.11111111.11111111」(十進法の「223.255.255」)というわけだ。ホスト部には、254個が与えられる。つまり、最初にネットワーク部とホスト部の例として示した図は、クラスCの例となる。

クラスC クラスCの例

 以上が「クラス分け」の説明だが、理解できただろうか。IPアドレスは限られた資源で枯渇問題が浮上しているというのに、例えばクラスAなどはIPアドレスを無駄にしてないだろうか。

 その通り。枯渇問題が元となり、新たなIPアドレスのバージョンとなる「IPv6」の概念が生まれてきたのだが、端末の対応やその他システム的な問題もあり、現実的な解決策としてもう1つの分け方「CIDR(Classless Inter-Domain Routing)」と呼ばれる「サブネット(マスク)分け」の手法が台頭してきた。

 そのサブネット(マスク)分けとは…… と行きたいところだが、それは次回のお楽しみとしよう。次回はIPv6についても少し触れたいと思う。

宮本健一
筆者紹介

宮本健一(みやもと けんいち)
ノーテルネットワークス エンタープライズアンドチャネルズ営業本部
エンタープライズマーケティング プロダクトマネジャー

担当製品: L4-7スイッチ、セキュリティ製品、他
経歴: 1998年某大手通信事業社入社。法人営業、通信機器マーケティングを経て、2005年11月ノーテルネットワークス入社。現職へ。
一言: Web 2.0、SOA、SaaS等とアプリケーション分野では新たな波が押し寄せており、それを支えるネットワーク分野も革新が行われています。新たなテクノロジーによる、新たなマーケットの創造を考えつつ、自分の知らない世界(分野)については、こっそりと「超基礎」コーナーから勉強する。そんな日々のギャップを密かに楽しんでいる今日この頃です。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]