編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NTTデータ先端技術、オフィスに必要な機能のオールインワンアプライアンス

CNET Japan Staff

2007-06-29 19:39

 NTTデータ先端技術は6月29日、ファイルやメール、ウェブ、ブロードバンドルータなど、オフィスに必要なサーバ機能を備えたオールインワンアプライアンス「コリドラボックス」の販売を開始したと発表した。大手企業の部門サーバ、サテライトオフィスなどのサーバとしての活用や、中小企業のオフィスのIT化の促進を目的としている。

 コリドラボックスは、加Net Integration Technologies製のLinuxベースの自律型OS「Nitix(ニティックス)」を採用。NTTデータ先端技術は、Net Integrationと共同でNitixの日本語版開発を行い、Nitix製品の国内総代理店契約を締結している。コリドラボックスには、以下の機能が標準で搭載されている。

  • ファイルおよびプリントスプールサーバ
  • ウェブサーバ、ウェブキャッシュ
  • メールサーバ
  • FTPサーバ
  • LDAPサーバ
  • DNSサーバ
  • DHCPサーバ
  • リモートアクセスサーバ
  • ルータ/ゲートウェイ
  • ファイアウォール
  • VPN
  • 自動(無人)バックアップ
  • 2分間以内のディザスタリカバリ
  • コンテンツフィルタリング

 規模や用途別に仕様の異なる4モデル(コリドラボックス SS/S/M/LQ)の製品ラインアップを計画しており、第1弾にあたる今回は、「コリドラボックス SS」を7月初旬に出荷する。今後3年間で10億円の国内販売を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]