編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

フォーバル、フィルタリングと暗号化機能を連携するソリューション

WebBCN (BCN)

2007-07-02 10:43

 フォーバル クリエーティブ(金住治社長)は6月28日、オレンジソフト(日 比野洋克社長)とクリアスウィフト(山本卓夢代表取締役)と協業し、Eメー ル統合管理ソリューションの機能を強化した「暗号化連携ソリューション」を7月1日に発売すると発表した。税別価格は250万円から。

 メールフィルタリング機能をもつ「MIMEsweeper Email Appliance(MIMEsweeper)」とメールゲートウェイでのZIP暗号化機能を提供する「BRODIAEA safe Attach(safeAttach)」を連携させたソリューション。自動的に送信メールの 添付ファイルを暗号化し、電子メールを安全に運用できる。

 「safeAttach」が送信者側に復号パスワードを通知し、送信者は別途電子メー ルや電話などの手段で受信者に伝達する。またパスワード付きZIPで暗号化さ れたメールを受け取った受信者は、特別な復号化ツールを使わずに、OSの標準 機能(Windows Vista、XP)で復号化が可能。

 また、フィルタリング機能を搭載し、外部からのスパムメールやウィルスメー ルの侵入を防ぐ。また、内部からは機密データや個人情報などの漏えい対策、 社内のコンプライアンス違反に属するような不適切なメールなどの送信をブロ ックする。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]