LANDeskとSIS、企業コンプライアンス対策の新製品「LDCM」をお披露目

山下竜大(編集部) 2007年07月12日 09時21分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 LANDesk Softwareは7月11日、シーア・インサイト・セキュリティ(SIS)との業務提携により製品化されたコンプライアンス対策ソリューション「LANDesk Compliance Manager powered by SIS(LDCM)」に関する説明会を開催した。SISとの提携は、2007年7月3日に発表されている。

 LDCMは、LANDeskが培った資産管理ソリューションの経験や実績とSISのログ管理ソリューションのノウハウを組み合わせたログ管理ソリューション。既存システム環境に短期間で導入でき、迅速に効果を実感できると共に、将来にわたり使い続けることができるのが特長となっている。

LANDeskの今井氏 LANDesk Softwareの代表取締役、今井幹夫氏。

 主な機能としては、ウェブアクセスやメールの送受信、ファイル操作、アプリケーションの起動や印刷履歴などのクライアント操作におけるログの記録/確認をはじめ、重要なファイルや禁止アプリケーションの操作、リムーバブルメディアの利用におけるリアルタイムなアラートなど。LANDesk Management SuiteやLANDesk Security Suiteの管理データを反映した統合レポートも作成できる。

 最大の特長は、既存の環境に影響を与えることなく導入できる設計思想。クライアントに導入されるエージェントソフトウェア軽量に設計されており、約600KBのサイズでメモリ常駐量は1MB以下、CPU負荷は通常で1%以下となっている。また、サードパーティ製品との協調性を重視し、重要なレジストリ情報を書き換えることもない設計となっている。さらに、クライアント環境だけでなくサーバ環境のモニタリングも可能になっている。

SISの向井氏 シーア・インサイト・セキュリティの代表取締役 CEO、向井徹氏。

 LANDeskの代表取締役である今井幹夫氏は、「IT統制に対する社会的要請の高まりと共に、コンプライアンス管理が重要になっている。これに伴い、ユーザーから“LANDeskは、なぜセキュリティ製品を出さないのか?”という要望も聞かれるようになってきたことが、LDCMを発表した理由だ。今後、SISとの提携は、日本市場だけでなく、本社も含めた提携にしたい」と言う。

 一方、SISの代表取締役 CEO(最高経営責任者)である向井徹氏は、「LDCMは、小規模システムから大規模システムまで、柔軟な導入と拡張が可能。フォレンジックの視点で総合的なログ管理ソリューションを実現できる」と話している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
運用管理

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化