編集部からのお知らせ
令和時代のCIOとは?
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アイマトリックス、独自開発のスパム技術を搭載したアプライアンスサーバー

WebBCN (BCN)

2007-07-12 11:22

 アイマトリックス(小島美津夫社長)は7月10日、新開発のアンチスパム技 術を搭載したメールのスパム対策アプライアンスサーバー「マトリックススキ ャン APEX」を7月25日に発売すると発表した。価格は、中小企業向けモデルで 59万8000円から。

 独自開発のオンデマンド方式のリアルタイムでのアンチスパム技術を搭載。 リアルタイムでのスパム検出・判定と、アルゴリズムの同期・更新を同時に行 える。検出・判定機能の最適分散化することで、スパムの進化に対して検出・ 判定アルゴリズム、システムリソースなどを随時に強化・拡張することができ る。

 スパム検出センター(APEXセンター)は、スパムを自動的に捕捉しDB化する 手法を採用することで、変化・多様化するスパムを効果的に検出・判定し、高 い精度で安定したスパム防御ができるようにした。

 アイマトリックスでは、ITシステムのセキュリティ強化に関心の高い企業、 インターネットサービスプロバイダーやセキュリティシステム会社などをター ゲットに販売。07年中にユーザー数で500万人以上の新規顧客獲得を目指す。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]