編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

「オラクルのDBはIBMやMSより5年先を行く」--Oracle Database 11g発表 - (page 2)

谷川耕一

2007-07-12 16:00

 Mendelsohn氏が移行の理由としてもう1つ挙げたのが、ストレージのコスト問題だ。昨今では指数関数的にデータが増大し、格納するストレージのコストの問題は企業にとって大きな課題となっている。これに対し自動化した新たなパーティション機能を活用すれば、高速で高価なストレージから安価なアーカイブ用のストレージにデータを自動的に移行するILM(Information Lifecycle Management)が実現できる。さらに、LOBデータを含め2倍から3倍の効率でデータベースを圧縮する機能と組み合わせることで、ストレージコストが15%程度は削減できるだろうとのことだ。

IBMやMicrosoftよりも5年は先に行っている

 11gの新機能は、エンタープライズ市場だけのものではない。「中堅、中小の市場でもOracle Database 11g導入の効果は高い」とMendelsohn氏。例えば、中堅、中小の市場では、高度な技術者の確保が難しい中でTCOの削減を実現しなければならない。これに対し、11gではデータベースのセルフチューニングの機能が強化された。従来はアドバイザー機能としてこれを実現していたが、11gでは自動化を実現し、チューニングスキルのあるDBAがいなくても管理作業ができるようになる。この機能はIBMのDB2やMicrosoftのSQL Serverにはないものだ。

 「SQL SeverやDB2はそれないりにいいもので、ローエンドでは魅力的な部分もあるかもしれない。彼らは競争相手であることは間違いないが、プレゼンスは小さく、我々の製品は5年は先を行っている」(Mendelsohn氏)

 メモリ管理の自動化など管理者の負担を削減する11gの機能が、中堅、中小の市場でも大いに貢献するだろうとMendelsohn氏はつけ加える。

 このほかにも、LOBデータも暗号化できるセキュリティ面の強化、データウェアハウスの高速化で有効なOLAPベースのマテリアライズドビュー、Binary XMLへの対応をはじめとするXML関連の機能拡張など、多くの新機能が搭載されている。こうした新機能は、サポートサービスのアップグレード権限を持っているユーザーであれば、11gへ移行することで無償で手に入れることができる。

 Oracle Database 11gの製品提供は、8月にLinuxプラットホーム対応版から開始される。その他のプラットホームについても順次リリースされる予定だ(日本でのリリーススケジュールは現段階では未定)。価格についても10gの体系から基本的には変更はない。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]