編集部からのお知らせ
「半導体動向」記事まとめ
「リスキリング」に関する記事まとめ

SAPとアドビが協業を強化--アドビ・コンピテンスセンター設立でビジネス機会を創出

山下竜大(編集部)

2007-07-18 23:08

 SAPジャパンとアドビ システムズは7月18日、両社の協業関係を拡大することを発表。SAPのアプリケーションとアドビのPDFおよびFlashテクノロジなどを連携することで、日本市場における販売体制の強化を目指している。

 両社は2004年より、アドビのPDFテクノロジをSAPのアプリケーションの入力画面として活用するためのソフトウェア「SAP Interactive Formes by Adobe」を共同で開発し、2005年より提供している。今回の協業ではさらに、「アドビ・コンピテンスセンター」をSAPジャパン社内に設立。SAPジャパンの営業活動を支援すると共に、新たなビジネス機会の創出を目指している。

 SAP Interactive Formes by Adobeは、アドビのInteractive Formsテクノロジを採用することで、SAPのアプリケーションの入力画面をPDF形式のフォームとして実現することができるソフトウェア。業務システムにおける操作性の向上と、ビジネスユーザーの生産性向上が期待できる。同ソフトウェアは、SAPが推進するエンタープライズSOAを実行する基盤となる「SAP NetWeaver」に完全に準拠したコンポーネントのひとつとして提供されている。

 また今回、新たに開設されたアドビ・コンピテンスセンターは、SAP Interactive Formes by Adobeのスキルを持つ両社の技術者およびプリセールス担当者12名で構成される。アドビはSAP Interactive Formes by Adobeに関する技術提供やトレーニングを提供することで、SAPのコンサルタントおよびパートナー企業の人材育成を担当。2007年7月より、新しい技術トレーニングコースも開始する。

 SAPジャパンの代表取締役社長、Robert Enslin氏は、「“あなたの仕事を、あなたの方法で……”。ユーザーに最適なインターフェースで使用できるアプリケーションを提供するためには、アドビとの提携が鍵になる。アドビとの提携により、2007年上半期だけで昨年の8倍を売り上げている」と話す。

 一方、アドビ システムズの代表取締役社長、Garrett J. Ilg氏は、「クリエイティブでパワフル、生産性を向上できるソリューションを提供。アライアンス戦略をさらに加速していきたい。両社の協業によるメリットを早期に提供できる体制を確立したい」と話している。

SAPとアドビが提携 握手するSAPジャパンのRobert Enslin氏(写真右)とアドビのGarrett J. Ilg氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 開発

    なぜ、コンテナー技術を使うことで、ビジネスチャンスを逃さないアプリ開発が可能になるのか?

  2. セキュリティ

    2022年、セキュリティトレンドと最新テクノロジーについて、リーダーが知っておくべきこと

  3. ビジネスアプリケーション

    全国1,800人のアンケートから見えてきた、日本企業におけるデータ活用の現実と課題に迫る

  4. 運用管理

    データドリブン企業への変革を支える4要素と「AI・データ活用の民主化」に欠かせないテクノロジー

  5. 経営

    テレワーク化が浮き彫りにしたリソース管理の重要性、JALのPCセットアップを支えたソフトウエア

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]