サイボウズなど、SFA製品「ドットセールス」販売開始--操作性に注力

田中好伸(編集部) 2007年07月23日 19時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 サイボウズは7月23日、グループ会社のインテグラート・ビジネスシステムと共同で開発した営業支援システム(SFA)製品「サイボウズ ドットセールス」の発売を開始したことを発表した。30ユーザーまでで105万円(税別)となっている。

 今回発売を開始したドットセールスは、個人が持つ営業情報の共有を促進するものとして「チーム全員が使えるものではなくてはならない」(サイボウズ)ことから、操作性に注力。サイボウズのグループウェア製品をベースに開発されている。ドットセールスは主に、(1)活動報告(2)顧客管理(3)ガルーン 2 スケジュール連携(4)管理――という4つの機能を搭載している。

 (1)の活動報告は、営業活動の内容や課題などを報告するための機能だ。上司や同僚からのコメントを書き込めるフォロー欄もあり、これを情報共有やコーチングに活用することができる。情報が登録・変更された際にユーザー個人へ知らせるメール通知も搭載されていることから、重要な情報を見逃すことがないという。

 (2)の顧客管理は、顧客情報や会社情報、事業所情報などを登録することができるというもの。登録される顧客情報などは活動報告情報と関連付けて管理されることから、情報の再利用性が向上するという。たとえば、担当引き継ぎで、新たに担当する顧客の対応履歴を網羅的に把握できることから、円滑な商談継続が可能になるとしている。

 (3)のガルーン 2 スケジュール連携は、ドットセールスと大規模向けEIP型グループウェア「サイボウズ ガルーン 2」を連携させられる。具体的にはドットセールスで登録・変更・削除した予定がガルーン 2のスケジュールに即座に反映される。

 SFAとグループウェアの両製品を導入している企業は多く存在するが、、スケジュールの二重登録などが手間となり、最終的には使われなくなるといった問題が起きやすい。これらの問題を解消するために、グループウェアとの連携機能を搭載している。

 (4)の管理について、運用面でも手軽さを重視しており、わかりやすいユーザーインターフェースで設計されているという。活動報告などのフォーマットをユーザー企業ごとに変更することが可能だ。エンドユーザーのアクセス権や操作権限も細かく設定でき、アクセスログをCSVファイルに書き出すことができる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化