編集部からのお知らせ
Topic 本人認証の重要性
宇宙ビジネスの記事まとめダウンロード

日本SGI、NASヘッドとディスクアレイサブシステムを統合したストレージ・システム

WebBCN (BCN)

2007-07-25 12:02

 日本SGI(和泉法夫社長)は7月24日、米オンストア製のネットワーク接続ス トレージ(NAS)ヘッド製品「ONStor NAS Gateway」に、日立製のディスクア レイサブシステムを統合してパッケージ化した「Data Management Center」を 発売すると発表した。

 「Data Management Center」は、最大8ノードまで拡張できるオンストア製 のNASヘッドと、デュアルRAIDコントローラによる高い信頼性を持つ日立のデ ィスクアレイサブシステムを統合したオールインワンNASパッケージ。大容量 データに対応する拡張性と信頼性を持ちながら、管理者不在のサテライトオフ ィス用ファイルサーバーとしても利用できるシンプルさを備え、バックアップ 機能も内蔵した。

 仮想化技術を採用し、目的別に複数の仮想ファイルサーバーを構築したり、 ノードを移動することで最適な負荷分散が行える。スケーラブルな性能向上や 高いサービスの継続性を実現する「マルチノード・クラスタ」機能も搭載する。

 1つのシステムにパフォーマンス重視のFCドライブ、キャパシティ重視のSATAドライブを混載することが可能で、2階層の効率的なストレージシステムを運 用することができる。単一プールリソースのストレージ管理によって、容量追 加やボリュームの割り当て変更なども簡単に行える。CIFSとNFSに標準対応す るほか、Disk to Diskの自動バックアップやスナップショットなどのデータ保 護機能も備えた。

 価格は、小規模ファイルサービスやサテライトオフィスなどを対象としたエ ントリーモデル「DMC-1000シリーズ」が1515万9480円、中規模ファイルサービ スや部門ファイルサーバーなどを対象としたベーシックモデル「DMC-5000シリー ズ」が1940万8830円、大規模ファイルサービスや統合ファイルサーバーなどを 対象としたパフォーマンスモデル「DMC-7000シリーズ」が3159万7230円、高負 荷ファイルサービスや設計開発などを対象としたハイエンドモデル「DMC-9000シリーズ」が4839万6810円。

 日本SGIでは、すでに販売している「ONStor Pantera」の上位製品として「Data Management Center」を位置づけ、オールインワンモデルのストレージ製 品をハイエンド市場にも拡大。ファイルサーバー統合や大規模データセンター などミッションクリティカル分野への対応を進める。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    なぜ、2021年にすべてのマーケターが「行動経済学」を学ばねばならないのか?

  2. セキュリティ

    SIEMとEDRが担うべき正しい役割とは?企業のセキュリティ部門が認識しておくべき適切なツールの条件

  3. クラウドコンピューティング

    デザインシンキングによるAIと課題のマッチング!現場視点による真のデジタル改善実現へ

  4. 経営

    なぜ成長企業の経営者はバックオフィス効率化に取り組むのか?生産性を高めるための重要な仕組み

  5. 仮想化

    Microsoft 365を利用する企業が見逃す広大なホワイトスペースとは?

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]