編集部からのお知らせ
EDRの記事まとめダウンロードはこちら
電子契約の記事まとめDLはこちら

カネ、ヒト、時間いらずのIT内部統制--最終章:すでにあるPCをActive Directoryに登録する(準備編) - (page 4)

木村尚義

2007-07-30 20:36

クライアントPCの移行にもお金をかけない

 クライアントPCの移行は、一度マスターしてしまえば、何度でも使える技術だ。リースアップしたハードウェアを入れ替えなければならないときにも使えるし、再インストールの際にも使える。

 まず、ユーザーの「マイドキュメント」の保存先をドメインコントローラ(つまりサーバ)に指定する。これにより、すべての従業員は、ファイルを「マイドキュメント」フォルダ保存すると、自動的にドメインコントローラに保存されるようになる。ここでの作業は、ログとして記録され、バックアップ対象ともなっているため、不慮の事故にも対応できる。このように自動的にフォルダを転送する設定を「フォルダリダイレクト」と呼ぶ。この操作はグループポリシーを使って設定する。

IT08-02.jpg フォルダリダイレクトの設定。画面上青帯で示した“クレア”の部分は、自動的にユーザー名に置き換わる。
IT08-03.jpg マイドキュメントの保存先をドメインコントローラ(サーバ)に指定したところ。「マイドキュメントのプロパティ」に、前章(ボリュームシャドウコピー)で説明した「以前のバージョン」タブが表示される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]