編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Windows->Unixへのデータ転送

OKWave

2007-08-01 13:00

Windows->Unixへのデータ転送

Unix側のdiskに障害があり、データが全て消えてしまいました。

diskを交換後、Windowsにあるバックアップデータをftp転送していますが、最初のうちはそれなりの速度でしたが、Unix側のデータが多くなるにつれてだんだん遅くなってきています。(現在、2GB/24H) 他に、早く転送できる方法はありませんか? Unix:SunOS 5.5.1 Windows:W2K SP4

最初は、WinのDOSプロンプトより、FTP mputをしましたが、9,999件のファイル転送で終わってしまいました。

そのときの所要時間は3H位で終わりました。この方法では全て転送できないので、現在は、Winの『ネットプレースの追加』でUnixサーバを定義し、エクスプローラ形式のftp転送で行っています。

尚、データはHPGLやTIFFといった画像データで全体のデータは約50GBです。 良きアドバイスをお待ちしています

良回答

おはようございます

・tftpで転送する
・sambaで共有フォルダを作る

など、他の転送方法もありますが、それらアプリがインストールされておらず、一からインストールするとなると余計に大変なので、、、、

gunzip で解凍できるようであれば、Windows 側でgz にある程度固めてから転送すると言う方法もあります。

Windows でgz に圧縮するソフトは、以下のようなものをお使いください。

http://www.vector.co.jp/soft/win95/util/se166893.html
回答

転送するファイル数を減らすのが、楽なのではないでしょうか。

圧縮とまではいかないまでも、アーカイブ化したモノを転送して、送った後に戻せば転送そのものの手間は大分省けるんじゃないかと思います。

あとは NFS 共有してからコピーするとか、下記の方の方法とか、 もしあればテープを使った方法などですかね。

ちなみに gunzip は Solaris2.5.1 には標準ではありませんので、 下記サイトあたりから、gzip とか持ってこないと解凍出来ないんじゃないかと思います。

http://sunsite.tus.ac.jp/sun/solbin/

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]