編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ipop3dのssl通信化で困ってます

OKWave

2007-08-06 13:00

ipop3dのssl通信化で困ってます

ipop3dでssl通信したいのですが、設定方法が判らず困っています。 ipop3dでpop受信は問題なく出来ています。 qpopperではssl通信出来るのですが、ipop3dでは証明書の 保存場所の指定もわからず、inetd.confを編集しても上手く動きません。 どなたか、教えてくださいませんか。

qpopperを使いたくない理由:
・quotaの容量制限を超えたユーザがpop受信できなくなるため。
・DISK容量が小さくsystemダウンする為、ユーザ容量は増やせない。
OS:FreeBSD4.5
よろしくお願いします。

良回答

ipop3dというとimap-uwですかね? 手元の環境がFreeBSD 6.2R(6-STABLE)なのとCourier-IMAPの方を使用しているので、imap-uwについてはCVSリポジトリにあるPortsにあるMakfeファイルを見た限りなので間違っていたら申し訳ありませんが。

Makefile
​http://www.jp.freebsd.org/cgi/cvsweb.cgi/ports/mail/imap-uw/Makefil...​

Makefieには、
-------8<-------8<-------8<-------8<-------8<-------8<-------
.if defined(WITH_SSL)
@${ECHO} "To create and install a new SSL certificate for imapd and ipop3d, type \"make"
@${ECHO} "cert\". Or install manually in ${PREFIX}/certs."
@${ECHO}
@${ECHO} "Example inetd config for SSL only services:"
@${ECHO}
@${ECHO} "pop3s stream tcp nowait root /usr/local/libexec/ipop3d ipop3d"
@${ECHO} "imaps stream tcp nowait root /usr/local/libexec/imapd imapd"
@${ECHO}
@${ECHO} "Remember to recompile and reinstall your cclient port with SSL support too, if"
@${ECHO} "you had it installed without SSL support."
@${ECHO} "================================================================================"
.endif
-------8<-------8<-------8<-------8<-------8<-------8<-------

というようにあるようなので(Portsを利用してSSL(WITH_SSL=yes)が組み込まれたimap-uwをインストールしたら必ず表示されるはず)、

# cd /usr/ports/mail/imap-uw
# make cert

で証明書が作成されインストール(/usr/local/certsにインストールされる模様)されるようなので、上記にあるようにinetd.confに設定すればいいのではないでしょうか?

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]