編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

NTTデータなど、4Kデジタルシネマを分散環境で画像化するプロジェクト開始

Emi KAMINO

2007-08-02 23:14

 デジタルハリウッド大学大学院とNTTデータは8月2日、「関ヶ原の合戦」を題材にした4K(約800万画素)の映像を分散コンピューティングプロジェクト「cell computing βirth」を利用して分散レンダリングを行う「sekigaharaプロジェクト」を開始すると発表した。

 同プロジェクトは、2005年度文部科学省科学技術振興調整費により採択された「次世代超高精細度映像のためのCG映像制作環境の研究」として、デジタルハリウッド大学大学院、フジヤマと共同で実施しているプロジェクトの一環。

 今回、分散レンダリングが行われる映像は、次世代のデジタルシネマ標準フォーマットとされる、4Kデジタルシネマで、解像度はハイビジョンの約4倍の約800万画素で制作されている。

 同プロジェクトでは、ネットでボランティア参加者を募集。CG制作で計算量が多く、時間のかかる処理をcell computingを利用して、分割して配布し、ボランティア参加者のPCでそれぞれに行った計算結果を集めることで、分散レンダリングを実現し、超高精細度映像の制作への道を開く。

 同プロジェクトへの参加は、8月13日からデジタルハリウッド大学大学院のプロジェクトページで案内。参加希望者が利用するPCの必要な仕様を確認した後、cell computingのアカウントを作成し、メンバーソフトのダウンロードとインストール、同プロジェクトへの登録が行われる。また、参加者のPC環境により、あらかじめJava仮想マシンのインストールと設定が必要だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    ファイルサーバ管理のコツはここにあり!「無法状態」から脱出するプロセスを徹底解説

  2. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  3. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  4. ビジネスアプリケーション

    デメリットも把握しなければテレワークは失敗に?─LIXIL等に学ぶ導入ステップや運用のコツ

  5. 運用管理

    ニューノーマルな働き方を支えるセキュリティ-曖昧になる境界に変わらなくてはならないデータセンター運用

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]