熱烈歓迎!!Asianux Server 3--第2回:楽々管理

福田昌弘

2007-08-07 07:30

 前回の「楽々導入」の内容は、いかがだっただろうか。Asianux Server 3自体のインストールに加えて、Oracle製品導入の容易さが少しでも伝わればうれしい。前回分の原稿を書き上げた直後に、Asianux Server 3のアップグレード方法に関するメールがミラクル・リナックスから届いた。そこで、今回は、まず、このアップグレード方法からお伝えしよう。

専用アップデータで更新

 前回紹介したレビューキャンペーンで入手したAsianux Server 3は、正式にはベータ3版であるらしい。今回ミラクル・リナックスから届いたメールによれば、Asianux TSN Updaterというツールによって、このベータ3版をベータ5版にアップデートできるそうだ。

 さらに、今後提供が予定されているベータ6版や製品候補版にもアップデートできるらしい。今後、Asianux Sever 3を使い続けるかどうかは決めていないが、アップグレード方法がどのようなものであるかには興味がある。そこで、早速Asianux TSN Updaterを使ってみることにした。

 インストール済みのAsianux Server 3 ベータ3版にもAsianux TSN Updaterは用意されていた。ただし、起動してみると、内容が英語表記である。そこで、ミラクル・リナックスからのメールで指定されたサーバから、最新のAsianux TSN Updaterを収めたrpmファイルをダウンロードする。

rpmのダウンロード 指定されたサーバからrpmファイルをダウンロード。※クリックすると拡大画像が見られます。

 ダウンロードしたrmpファイルは、端末から次のように入力してインストールする。

rpmのインストール 端末からrpmファイルをインストール。※クリックすると拡大画像が見られます。

 インストールを終えたら、端末で“axtu”と入力しAsianux TSN Updaterを起動する。

Asianux TSN Updater Asianux TSN Updaterの起動画面。※クリックすると拡大画像が見られます。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]