シェルで12時間前のファイルを消す方法

OKWave 2007年08月08日 13時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
シェルで12時間前のファイルを消す方法

こんにちは。UNIX(HP-UX)のPOSIXシェルで質問です。

指定したフォルダの中の「現在時刻より12時間前のタイムスタンプのファイルを消す」方法はないでしょうか?

findコマンドは24時間の倍数しか検索できないので、12時間前は指定できません。
12時間以上前のファイルは、すべて消えてかまいません。(例えば15時間前のファイルなど)

できれば抽象的な説明ではなく、具体的で、すぐに動くコーディングを記述して下さると助かります。

以上宜しくお願い致します。

良回答

あんまり綺麗じゃないけど、
1.12時間前のタイムスタンプを持つファイルを作成
2.そのファイルより古いものを消す
という手を使うと

DATE=`date -d '12 hours ago' +%m%d%H%M%y`
echo >temp.file
touch $DATE temp.file
find  !-newer temp.file -print | xargs rm
rm temp.file

みたいなスクリプトでできるかも知れません。
(実際に試したわけではないのですが)

(findでexecを使わないのは、、個人的な趣味(execだとファイル毎にプロセスを起動する、シェルによっては{}をエスケープする必要があったような、)です、、。)

回答
//-----------timechecker.c
#include 
#include 
#include 
#include 
void main (int argc,char *argv[])
{
 struct stat buf;
 int s,a=0;
 time_t t,d;
 s = stat(argv[argc-1],&buf);
 t = time(&t);
 d = t - buf.st_mtime;
 printf("%d",(d > (3600*12)));
}
//-----------


$ gcc timechecker.c -o timechecker.bin


## 変更時間が現在より12時間以上古いと1。以内なら0が出力される
## パラメータに何も渡さないとbin本体 沢山渡しても最後のファイルのみしか見ない
## エラーチェック無し
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化