編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、Windows Live OneCare Family Safetyに新機能を追加

吉澤亨史

2007-08-08 19:38

 マイクロソフトは8月7日、コンテンツフィルタリングソフトウェア「Windows Live OneCare Family Safety ベータ版」に、新たにコンタクトマネジメント機能が追加したと発表した。

 Windows Live OneCare Family Safety ベータ版は、子供向けではないインターネットのコンテンツから子供を守るためのペアレンタルコントロールサービス。子供の年齢に合わせてインターネットの設定を選択したり、独自の設定を作成することができるほか、特定のカテゴリに該当するウェブサイトへのアクセス制限を行える。マイクロソフトのサイトからダウンロード、インストールすることで利用できる。

 子供用の設定に連絡先を追加、削除するなどアドレス帳の管理や、キーワードに対する検索結果を安全なコンテンツのみ表示するといった設定も行える。子供のインターネット活動や、アクセスしたサイトをチェックすることも可能。これらの設定は、家族のひとりひとりに対して個別に内容を適用できる。

 新たに追加された「コンタクトマネジメント機能」は、家族や子供がWindows LiveメールやWindows Liveメッセンジャー、Windows Liveスペースで連絡をとる相手を保護者が確認、制限することができる機能。これにより、従来からのコンテンツフィルタリング、オンライン活動レポート、キッズリクエストラインと合わせ、家族や子供のインターネット利用をより安全にできるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]