編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Sybase TechWave 2007開幕--Unwired Enterpriseの次世代アーキテクチャを発表 - (page 2)

山下竜大(編集部)

2007-08-08 21:49

 この次世代アーキテクチャは、たとえばInformation Management分野における複数のデータソースおよびデータタイプへのアクセスや流動的なビジネスプロセスへの対応、Information Mobility分野における異なるデバイスやOSに対するプラットフォームやサービスの開発、複数のアプリケーションに対するプロビジョニングや安全性の確保などの課題をひとつのプラットフォーム上で解決することができるもの。

次世代アーキテクチャ Unwired Enterpriseの次世代アーキテクチャ。※クリックすると拡大画像が見られます

 データサービス、モバイルミドルウェアサービス、デバイスサービス、統合アプリケーション開発ツール、管理コンソールで構成され、メッセージングサービスを経由して、データベース上の構造化データから、ドキュメントやメール、マルチメディアデータなどの非構造化データまで、さまざまなデータソースへのアクセスを、あらゆるデバイスから可能にすることができる。

 Chen氏は、「Sybaseは次世代アーキテクチャにより、Unwired Enterprise戦略を今後も拡大し続けていく。ただし我々は、こうした世界を1社の独占により実現しようとは思っていない」と話す。そこで重要になるのがパートナー戦略という。

HTCのJohnson Sher氏 HTCのゼネラルマネジャー、Johnson Sher氏。

 Sybaseでは、Information Management分野において2006年よりIBMとストラテジックパートナー契約を結んでいるが、今回のTechWave 2007ではInformation Mobility分野において台湾のスマートフォンメーカーであるHigh Tech Computer(HTC)との提携を発表した(関連記事参照)。

 Chen氏に紹介されて基調講演のステージに登場したHTCのグローバルエンタープライズビジネスユニット担当ゼネラルマネジャー、Johnson Sher氏は、「HTCのWindowsモバイルデバイスとSybaseのソフトウェアを組み合わせることで、管理性やセキュリティに優れた強力なエンタープライズ向けWindowsモバイルデバイスソリューションを確立できる」と話す。

IBMのRoss Mauri氏 IBMのRoss Mauri氏は、Sybaseのボタンダウンで蜜月をアピール。

 一方、IBMのIBM System p担当ゼネラルマネジャー、Ross Mauri氏は、「IBMとSybaseは、発熱効率やパフォーマンス、仮想化、ビジネスインテリジェンス(BI)など、今後のデータセンターのあり方において明確な方向性を共有している。こうした取り組みにより、24カ月で275社以上の新しい顧客を獲得することができた」と話している。

 Chen氏は、「我々は、1000社を超えるパートナー企業と20万以上のSybase Developer Network(SDN)メンバーに支えられている。こうした協力関係により、96%の顧客が我々の製品やサポートに満足してくれている。また、2006年には800社を超えるAdaptive Server Enterprise(ASE)の新規顧客を獲得することができたことに感謝している」と話している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]