編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

起動時filesystemチェック時のエラー

OKWave

2007-08-22 13:00

起動時filesystemチェック時のエラー

TurboLinux10D起動時のfilesystemチェック時?にエラーが発生して以下の表示が出るようになってしまいました。
なお、以下の英文で一番左の文字は途切れてて読めなかったものを想像で補っています。
(ディスプレイの水平表示位置の調節ができない状態なもので)

sck.et2/:
The superblock could not be read or does not describe a correct ext2
filsystem. If the device is valid and it really contains an ext2
filsystem (and not swap or ufs or something else), then the superblock
is corrupt, and you might try running e2fsck with an alternate superblock:
e2fsck -b 8193 
Is a directory while trying to open/ NG

*** An error occurred during the file system check.
*** Dropping you to a shell; the system will reboot
*** when you leave the shell.

?ive root password for maintenance
(or type Control-D to continue):
とりあえずパスワードを入力して、e2fsckコマンドを実行してみたのですが、芳しくありません。
長い時間かけてチェックしてくれたようには見えますが。

必要なデータは別マシンのセカンダリに繋いでマウントすることで回収したのですが、
できればこのHDDも正常動作するように復旧したいです。

気がついたらこの状態だったもので、何をした後この状態になったのかはわかりません。

「何をするとこのようなメッセージが出て起動できなくなってしまうのか」と、「この状態から復旧するにはどうしたらよいのか」について、
わかる方いましたらよろしくお願いします。

良回答

ファイルシステムがぶっ壊れてるようですね。
何故壊れたかについては不明です。

が、HDDは消耗品と考えるべきです。
読み書きが多いHDDですと不良セクタなどは当たり前です。
新しいHDDに変更する方が良いと思います。
そのまま使い続けたとすると状況が悪化し、起動どころか読み込みも出来なくなる可能性があります。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]