編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

アドビ幹部、AIR戦略を語る:「第一にプラットフォーム、アプリケーションはその次」

文:Martin LaMonica(CNET News.com) 翻訳校正:編集部

2007-08-20 12:51

 Adobe Systemsの開発者グループのある幹部によると、同社はウェブベースのアプリケーションがますます強力になるのに対応して、オンラインの「Office」形式のアプリケーションを作成するよりも、開発プラットフォームの提供に力を注ぐという。

 Wiredは先週、Adobeでプラットフォームエバンジェリズム担当のグループマネージャーを務めるMike Downey氏の発言を引用し、Adobeがウェブベースの生産性アプリケーション市場に参入するかもしれないという記事を掲載した。

 Downey氏は米国時間8月17日に取材に応じ、Adobeは、より高度なウェブアプリケーションを記述するための基盤となるプラットフォームの構築に同社のリソースを注ぎたいと考えていると述べた。

 Adobeの「Flash Player」はウェブ上で広く使用されており、同社のAIR(開発コード「Apollo」)はウェブ開発者がデスクトップアプリケーションを作成するためのものである。

 Downey氏は、「われわれの第一の目標は、開発者らが優れたウェブベースアプリケーションを開発するためのプラットフォームを構築することである」と述べた。「堅牢で強力なこの種のウェブアプリケーションの構築に対し、AIRは理想的なプラットフォームだ」(Downey氏)

 Adobe自体も、AIRを用いていくつかのアプリケーションを作成している。同社が2007年に入って発表した「Adobe Media Player」は、インターネットビデオを視聴するためのものである。Downey氏によると、同製品はアプリケーションであるが、Adobeは、同社が提供するプラットフォームのメディアプレーヤーに関する部分を用いて、サードパーティーがこれをカスタマイズすることができると考えている。

 同時にAdobeは、「Microsoft Office」に対抗するオンライン版になり得る高度なウェブアプリケーションを記述する新興企業らを支援している。

 Adobeは、同社の開発ツール「Flex」を利用して高度なオンラインワープロを作成する企業Virtual Ubiquityに出資している。「Buzzword」という名称の同アプリケーションは、「Flash」上で動作し、将来的にはAIR上でも動作する予定である。

 他にも、ウェブベースのプレゼンテーションアプリケーションである「SlideRocket」など、Flashを利用したオンライン生産性ツールが存在するとDowney氏は述べた。

 またAdobeは、同社の既存の製品ラインにおいてもAIRを活用する方法を模索している。

 同氏は、「われわれがAIRを開発した主な理由の1つは、その技術を利用してAdobeが新しいアプリケーションを構築したいからである」と述べた。

 現在はベータ版が提供されているAIRは、2008年第1四半期に正式版が提供される予定である。

この記事は海外CNET Networks発のニュースを編集部が日本向けに編集したものです。海外CNET Networksの記事へ

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]