編集部からのお知らせ
メタバース動向の記事まとめ
サイバー防衛動向の記事まとめ

ウェブルート、スパイウェアとウイルス対策機能を統合したソフトを発売

吉澤亨史

2007-08-21 19:53

 ウェブルート・ソフトウェアは8月21日、スパイウェア対策とウイルス対策機能を統合した企業向けセキュリティソフト「Webroot AntiSpyware Corporate Edition with AntiVirus」を販売開始した。

 この製品は、スパイウェア対策とウイルス対策機能を統合した企業向けセキュリティ対策ソリューション。ウイルスの挙動を分析して実行を防ぐソフォス社製のホスト侵入防止システム(HIPS)「Behavioral Genotype Protection」を搭載している。

 Behavioral Genotype Protection機能は、誤検出の発生や別のソフトウェアを動作させたりするといった問題を起こすことなく、コードの実行前にウイルスの挙動を分析するホスト侵入防止システム。この機能の搭載により、未知のマルウェアの脅威に対する防護を可能とした。

 このほか、アクティブディレクトリの統合によるネットワーク展開の簡素化、Windows Vistaとの互換性といった特長を持つ。また、30日間無料で利用できる体験版のダウンロード提供も開始している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]