編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

Apache Geronimo 2系、初の正式リリース

荒浪一城

2007-08-23 14:46

 The Apache Software Foundationは20日(米国時間)Java EE 5に準拠したApache Geronimo 2.0.1をリリースした。

 Apache Geronimo 2.0系列の正式なバージョンの公開は、当初2007年6月末から7月に予定されていたが、8月下旬のリリースと予定より2ヶ月近く遅れた形だ。

 Geronimoは、Servlet/JSPのコンテナとして、Apache Tomcat 6とJetty 6の2つのディストリビューションが用意されている。日頃慣れ親しんでいるコンテナを利用すると良いだろう。なお、Webサービスの「JAX-WS 2.0(JSR-224)」の実装に、2つのディストリビューションでは違いがある。Apache Tomcat 6では、Apache Axis2が利用されている。一方で、Jetty 6ではApache CXFが利用されている。

 また、Java EE 5の環境では、アノテーションが利用されるためJDK5.0以降が必須となることに注意されたい。

 リリースノートによると、8月13日にリリースしたApache Geronimo 2.0には、起動しているサーバーにリモートからユーザー名の認証なしにログインできるというセキュリティー上の問題があった。このため、2.0系列の正式リリースは「2.0.1」が初となる。

 2007年6月4日にリリースされた、「Apache Geronimo 2.0-M6-rc1」にてJava EE 5.0 TCKをパスしていた。オープンソースのJava EE 5互換性試験をパスしたアプリケーションサーバーは、参照実装であるGlassFishとApache Geronimoの2つである。

 オープンソースのJava EE 5対応では、実績のあるJBoss ASの5.x系列の正式リリースを待つのみとなった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]