編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ゼンドとSRA OSS、Windows環境向けウェブシステム開発環境構築ツールを発売へ

目黒譲二

2007-08-27 20:35

 ゼンド・ジャパンとSRA OSS日本支社は8月27日、Windows環境に最適なウェブシステム開発環境を構築するためのツール「Zend Core for PowerGres on Windows」を9月3日に発売すると発表した。

 Zend Core for PowerGres on Windowsは、ゼンドの「Zend Core」とSRA OSSの「PowerGres on Windows」を組み合わせたウェブシステム開発環境を構築するためのツール。

 Apache、PHP、PostgreSQL部分を一括インストールすることができ、Windowsでウェブシステム開発を行う技術者がすぐにシステム開発に入れる環境を提供する。初心者から上級者まで、幅広いPHP技術者に最適な開発環境を提供するとともに、システム構築の負担を軽減することができるという。

 また、開発者支援として、システム開発を円滑に進めるための技術サポートを年間契約で提供する。

 対応環境は、CPUがIntel Pentiumおよび互換CPU(300MHz以上推奨)、OSがWindows 2000(SP2以上)、Windows 2000 Server、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista、メモリが最小128Mバイト(256Mバイト以上推奨)、HDDが100Mバイト以上となっている。価格は年間5万2500円。

 両社はLAPP(Linux、Apache、PostgreSQL、PHP/Perl/Python)環境でのシステム構築案件が増大するなか、ウェブ技術者の多くが開発環境として使用している Windows環境に着目した。

 本番環境がLinuxで、開発環境がWindowsというケースでは、開発者がWindows環境で開発環境を構築するのに煩雑な設定作業が多く、開発効率の低下を招く一因でもあった。そこでWindows環境でLAPP開発を行う開発者の開発効率アップを目指してZend Core for PowerGres on Windowsを発売することにしたとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]