編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

Cloudmark、SpamAssassinのスパム検知機能を強化する新製品を発表

柴田克己(編集部)

2007-08-27 20:44

 ISP事業者および企業向けのセキュリティ製品を提供する米Cloudmarkは8月27日、オープンソースのスパムフィルタリングソフトウェア「Apache SpamAssassin」のスパム検知機能を強化する新製品「Cloudmark Authority for Apache SpamAssassin」を発表した。この製品の導入により、SpamAssassinにおけるスパム検知率を約50%向上させることができるという。

 Cloudmarkは、2001年に設立された、スパム、フィッシング、ウイルス対策ソリューションの提供企業。カリフォルニア州サンフランシスコに本部を置き、FT Ventures、Ignition、住友商事(Presidio)らからの投資を受けている。主な製品は、既存のメールプラットフォームと統合して利用する「Cloudmark Authority」および、MTAとAuthorityを統合した「Cloudmark Gateway」である。

 日本での既存顧客は、主に大規模なISPであり、OCN(NTT)、So-net、ドリームトレインインターネット、ビッグローブ(NEC)などへの導入実績がある。

 今回発表された、「Cloudmark Authority for Apache SpamAssassin」は、メールセキュリティ対策としてApache SpamAssassinを既に導入している中堅以下のISPおよび企業に向けた製品。大規模ISPで既に実績のある同社のアンチスパム技術を、より幅広いユーザーに向けて提供するものという。

 Cloudmark、North America and Asia Pacific SalesバイスプレジデントのCurt Lewis氏によれば、同社技術の特徴は、「Advanced Message Fingerprinting」と呼ばれるメールのスキャン技術と「Global Threat Network」と呼ばれる、ユーザーフィードバックの仕組みにあるという。

 Advanced Message Fingerprintingは、メールに「フィンガープリント」と呼ばれるハッシュデータを付加し、独自のアルゴリズムで高速かつ低負荷なスパム判別を行う技術。また、Global Threat Networkは、全世界のCloudmarkユーザーからのフィードバックを、レポーターの信頼度を加味して自動的にデータベース化し、スパム判別に利用するというものだ。

 「スパム判別の技術には、さまざまなものがあるが、スキャンのスピード、システムへの負荷、精度のいずれにおいても、Cloudmarkの技術が優れていると確信している。今回の新製品は、SpamAssassinを既に導入している多くのユーザーに対して、経営の効率化と管理コストの削減を可能とするものだ」(Curt氏)

 Cloudmark Authority for Apache SpamAssassinには、メールボックス数に応じたライセンス料金が設定される。体験版は同社ウェブサイトよりダウンロードが可能だ。なお、「Authority」については将来的に、Microsoft Exchange対応の製品なども計画しているという。

Cloudmark Cloudmark、リージョナルセールスバイスプレジデントのCurt Lewis氏(左)と、シニアビジネスデベロップメントディレクターのFinn McClain氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]