アセント、「Haru」をマーケティングツールとして活用する企業向けアカウントを提供

浅賀美東江

2007-08-31 19:49

 アセントネットワークスは8月31日、自社が運営するミニブログ「Haru(はる)」にて、企業向けアカウントの提供を開始した。

 企業向けアカウントを取得した企業には、ユーザーがタグによって話題を共有できる「みんなの共感タグ」や、イベント告知向けの「イベント機能」、「壁紙のカスタマイズ機能」といったHaruの機能を、企業マーケティングでの利用向けにパッケージ化して提供。企業はHaruユーザーに向けて、自社商品やサービスの紹介、イベント案内などのアピールが可能となる。

 オリジナルのページデザインとして、専用の壁紙、ヘッダーを用意。希望に応じてHaruのオフィシャルスポンサーであることを証明するマークを設置し、一般ユーザーによるなりすましを防止するとしている。

 また、Haruユーザーが利用できるオリジナルスキンを、最大5枚まで配布可能。オリジナルスキンは設定メニューに「Haruスポンサースキン」として表示され、ユーザーが自由に選択できるようになる。

 ラウンジには、スポンサーアカウントの専用スペースを設置。アカウントが埋もれることなく、常にユーザーの目に留まる位置に表示可能となる。さらに、ラウンジと企業のマイページには、「イベント機能」を利用した書き込みへのテキストリンクを表示。注目させたいイベント情報を、常に目立つ位置に表示させることができる。

 すでに自社の公式ブログなどを展開している企業は、そのRSSフィードを取得し、自動的にHaruに書き込むことも可能。ブログの更新案内としてもHaruを利用できる。

 なお、企業向けアカウントの価格は、1アカウントあたり、税別で月額13万円となる。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]