社内システム導入で30%以上のコストダウンの事例も--NTT - (page 2)

田中好伸(編集部)

2007-09-03 13:00

 OSSセンタは、これらのスイートの実機検証を行ったうえで、インストール手順や性能基礎データなど、システム構築に有用なノウハウやデータを詰め合わせたものをドキュメントとして整備・提供している。現在、OSSVERTとしては、OSではRed Hat、ウェブサーバはApache、アプリケーションサーバではTomcatとJBoss、DBMSはPostgreSQLとMySQL、それに非OSSのOracleが検証済みとなっている。

 (2)のサポートサービスは、OS(Linux)からミドルウェアまでのOSS製品について、システムのライフサイクル全般に対するサポートを提供するというものだ。これには、運用中のシステムで故障が発生した場合に故障を解析したり、回避策を提示するなどの保守サービス、性能検証や構築支援、検証代行などのSE支援、故障復旧支援などといった個別支援サービスも含まれている。

 (3)の戦略プロダクト開発とは、OSSでは現段階で提供されていない製品をNTT研究所とOSSセンタが開発して、OSS製品を補完しようというものだ。現在、開発している製品は、大規模・ミッションクリティカルシステム向けの統合運用管理ソフト「Crane」、PostgreSQLをベースにしたRDBMS運用保守ツール、トランザクション処理AP基盤「CAPF」などがある。

30%以上ものコストダウンに成功

 実際にOSSを適用しているNTTグループの社内システムに対して、OSSセンタはOSSVERTを提供したり、保守サポートを提供するなどの貢献をしている。

 NTTグループ内でのOSS導入事例について畠中氏は、こう語る。

 「OSがLinuxというのは、社内システムでも当たり前になってきています。しかし、ミドルウェアもOSSというシステムは、まだそれほど多くはないと思います」

 これは、これまでOSS適用してきた社内システムは既存システムの更改案件が多く、既存APの移行も考慮するとミドルウェアもOSSに切り替わるシステムの数は多くないのである。一方、新規開発のシステムでは、性能条件などが満たされればOSSミドルウェアの適用も進んできている。それでは、社内システムをOSSにしたことで、どれだけのコストダウンを図ることができたのだろうか。

 「OSSに“ジャストフィット”なシステムであれば、30%以上のコストダウンを図ることに成功しています」(同氏)

 これは、既存システムのハードウェア更改にあわせて、更改前と同じハードウェアアーキテクチャの最新機種を使用しOSとソフトをバージョンアップした場合と、IAサーバとLinuxを含むOSSを全面採用した場合では、イニシャルコストとランニングコストの合計で30%以上のコストダウン効果を得られたというものだ。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]