編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

GMO-HS、「Exchangeサービス」が既存の電子メールアドレスで利用可能に

目黒譲二

2007-09-04 20:12

 GMOインターネットグループのGMOホスティング&セキュリティ(GMO-HS)は9月4日、同社の主力ホスティングブランド「アイル」と「ラピッドサイト」が提供する「Exchangeサービス」が、既存の電子メールアドレスで利用可能になったと発表した。

 Exchangeサービスは、電子メールを利用したスケジュール管理や情報共有が行えるASPサービス。PCだけでなく、Windows対応のモバイル端末でも利用できる。

 これまでExchangeサービスを利用する場合は、専用の電子メールアドレスを取得する必要があったが、今回の対応により、既存の電子メールアドレスに転送設定を施すことで、メールアドレス単位でモバイル端末からのメール送付、グループウェア機能、Outlook連携、ウェブメール(Outlook Web Access)機能など、Exchangeサービスの全機能がクライアント単位で利用可能となった。

 すでにホスティングサービスや自社サーバーで電子メールを使っているユーザーも、自動転送を設定するだけでExchangeサービスを併用できる。なお、自社サーバーで運用中のPOP電子メールを使った併用は2007年内の対応予定。

 また、GMO-HSでは、4日から27日の期間中にExchangeサービスを導入したユーザーを対象に、ウィルコムのAdvanced/W-ZERO3 [es]の割引や、利用料金のキャッシュバックなどを行う「スマートフォン ダブルキャンペーン」を実施する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]