編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

企業がソーシャルコンピューティングで「やるべきこと」と「やってはいけないこと」

山下竜大(編集部)

2007-09-07 14:06

 「テクノロジではなく、テクノロジを利用して築くリレーションシップに注目することが重要だ」

 9月4日に開催された「ZDNet Japanソリューションフォーラム2007 〜サーチテクノロジからはじまるエンタープライズ2.0」の基調講演に登場したForrester Researchのシニアアナリスト、Jonathan Browne氏は、「ソーシャル・コンピューティング時代の企業の生き方 〜テクノロジを利用して築かれる企業と消費者との新しい関係」と題した講演でこう語った。

 Forrestar Researchでは、ソーシャルコンピューティングを、「新しいテクノロジの出現により、主導権(パワー)が企業からコミュニティに移行した社会的構造のこと」と定義している。従来、新しいテクノロジは企業システムから生まれ、コンシューマサービスへと応用されてきたが、その逆の流れが生まれたのがソーシャルコンピューティングだということだ。

 たとえば、同社の2006年第3四半期の調査では、インターネット環境に接続できるコンシューマの20%にあたる2500万人がSNS(Social Network Service)を利用していると報告されている。「なんだ、20%かと思うかもしれない。しかしこれは、東京23区の人口の約3倍の人数にあたる」とBrowne氏。

 同氏はまた、ソーシャルコンピューティングに参加する形態として“参加のピラミッド”を紹介した。

 “参加のピラミッド”は、ソーシャルコンピューティングに全く参加していない「無活動者」から、ブログを読んだりビデオを見たりする「スペクテーター」、SNSを利用する「ジョイナー」、RSSを利用したりサイトにタグ付けする「コレクター」、ブログにコメントしたり評価やレビューを提供する「クリティック」、自分のウェブサイトやブログを持っていたり、YouTubeなどにビデオを投稿したりする「クリエーター」までで構成される。

Forrester ResearchのJonathan Browne氏 Forrester Researchのシニアアナリスト、Jonathan Browne氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    コスト削減&拡張性も、堅牢なセキュリティ&規制も同時に手に入れる方法、教えます

  2. 経営

    サブスクビジネスのカギはCX! ITIL準拠のツールをこう使え

  3. クラウドコンピューティング

    “偽クラウド”のERP使っていませんか?多くの企業のITリーダーの生の声から学ぶ

  4. クラウドコンピューティング

    RPA本格展開のカギは?「RPA導入実態調査レポート」が示す活用の道筋

  5. セキュリティ

    RPA導入時に見落とされがちな“エンタープライズレベルのセキュリティ”を紐解く

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]