編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

企業がソーシャルコンピューティングで「やるべきこと」と「やってはいけないこと」

山下竜大(編集部)

2007-09-07 14:06

 「テクノロジではなく、テクノロジを利用して築くリレーションシップに注目することが重要だ」

 9月4日に開催された「ZDNet Japanソリューションフォーラム2007 〜サーチテクノロジからはじまるエンタープライズ2.0」の基調講演に登場したForrester Researchのシニアアナリスト、Jonathan Browne氏は、「ソーシャル・コンピューティング時代の企業の生き方 〜テクノロジを利用して築かれる企業と消費者との新しい関係」と題した講演でこう語った。

 Forrestar Researchでは、ソーシャルコンピューティングを、「新しいテクノロジの出現により、主導権(パワー)が企業からコミュニティに移行した社会的構造のこと」と定義している。従来、新しいテクノロジは企業システムから生まれ、コンシューマサービスへと応用されてきたが、その逆の流れが生まれたのがソーシャルコンピューティングだということだ。

 たとえば、同社の2006年第3四半期の調査では、インターネット環境に接続できるコンシューマの20%にあたる2500万人がSNS(Social Network Service)を利用していると報告されている。「なんだ、20%かと思うかもしれない。しかしこれは、東京23区の人口の約3倍の人数にあたる」とBrowne氏。

 同氏はまた、ソーシャルコンピューティングに参加する形態として“参加のピラミッド”を紹介した。

 “参加のピラミッド”は、ソーシャルコンピューティングに全く参加していない「無活動者」から、ブログを読んだりビデオを見たりする「スペクテーター」、SNSを利用する「ジョイナー」、RSSを利用したりサイトにタグ付けする「コレクター」、ブログにコメントしたり評価やレビューを提供する「クリティック」、自分のウェブサイトやブログを持っていたり、YouTubeなどにビデオを投稿したりする「クリエーター」までで構成される。

Forrester ResearchのJonathan Browne氏 Forrester Researchのシニアアナリスト、Jonathan Browne氏。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    セキュアなテレワークでビジネスを継続する「緊急時対応チェックリスト」

  2. クラウドコンピューティング

    ゼロトラストネットワークアクセス(ZTNA)を今すぐ採用すべき理由

  3. ビジネスアプリケーション

    今からでも遅くない、在宅勤務への本格移行を可能にする環境整備のポイント

  4. クラウド基盤

    アプリ開発者とIT管理者、両者のニーズを両立させるプラットフォームとは?

  5. ビジネスアプリケーション

    テレワークに立ちはだかる「紙・ハンコ」の壁を経費精算のペーパーレス化からはじめて乗り越える

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]