編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

OpenSSH 4.7--特定ネットワークでのパフォーマンス向上など

原井彰弘

2007-09-07 17:10

 9月5日、OpenBSDプロジェクトはSSHプロトコルの実装「OpenSSH」の新しいバージョン「OpenSSH 4.7」をリリースした。OpenSSHはSSHプロトコルのバージョン1.3、1.5および2.0のオープンな実装で、SFTPクライアント、サーバ機能も含まれている。

 今回のリリースでは、新しくインストールを行った際、sshdがSSHプロトコルバージョン2のみの対応になったほか、SSHチャネルのウィンドウサイズが拡大され、高BDP(Bandwidth Delay Product)ネットワークでのパフォーマンスが向上した。また、新しいMACアルゴリズムが追加され、今までよりも約20%パフォーマンスが向上したとしている。そのほかに、いくつかの機能の追加修正や、多数のバグの修正も行われている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]