編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

複数JavaBeansのプロパティを同期するBeans Binding 1.0がリリース

荒浪一城

2007-09-07 19:27

 9月5日(米国時間)、「Beans Binding 1.0」がリリースされた。ライセンスは、Lesser General Public License (LGPL)。

 Beans Binding 1.0は、JSR 295: Beans Bindingの参照実装。スペックリードは、ロシア在住のShannon Hickey氏。

 Beans Bindingは2つのJavaBeansの間でプロパティの同期を取るもの。PropertyChangeListenersと呼ばれるリスナによって、片方のJavaBeansのプロパティを変更するとこれを検知し、もう片方のプロパティも変更される。特にSwing開発の際にこうしたニーズが多い。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]