編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら

VMware、サービスコンソールのない次世代のハイパーバイザーを発表

藤本京子(編集部)

2007-09-10 18:00

 VMwareは9月10日(米国時間)、ホストOSを必要としないハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアで、サービスコンソールをも省いた次世代の仮想化ソフトウェア「VMware ESX Server 3i」を発表した。サービスコンソールの組み込まれていないハイパーバイザー型の仮想化ソフトウェアは、ESX Server 3iが初めてだという。

 従来のハイパーバイザーソフト「VMware ESX Server」では、仮想化を実現するカーネル「VMkernel」と、インターフェース部分にRed Hat Linuxをベースとしたサービスコンソールが動作していた。今回発表した3iは、VMkernelのみで仮想化を実現し、サービスコンソールのないハイパーバイザーとなる。そのためサイズもコンパクトで、従来のESX Serverのサイズは約2Gバイトだったのが、3iでは32Mバイトとなった。

 ハードウェアの監視は、サービスコンソールに代わるものとしてCIM(Common Information Model)をサポートする。

 サービスコンソールが不要となることで、インストールの手間がなくなり、仮想化レイヤの管理が簡素化されるほか、セキュリティも強化される。ESX Serverでは、セキュリティパッチの半分以上はサービスコンソール部分だったという。

 ESX Server 3も引き続き販売を続けるが、新タイプの3iは、Dell、IBM、Hewlett-PackardといったサーバベンダーにOEM提供され、各社がそれぞれのサーバに搭載した形で提供する。

 3iは、年内にもサーバベンダーから提供開始される予定だ。VMwareでは3i単体での販売も予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]