編集部からのお知らせ
RPA導入、もう1つのポイント
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

日本人も狙った偽のセキュリティソフト、後を絶たず--ウェブルート調べ

吉澤亨史

2007-09-10 21:25

 ウェブルート・ソフトウェアは9月10日、8月に国内で最も多く検知されたスパイウェアのランキングトップ10を発表した。

 発表によると、アドウェアでは1位がコンピュータ上に広告を表示するアドウェアプログラム「Virtumonde」、2位がユーザーの同意なしにインストールされ、Windowsのスタートアップに登録されるシステムメンテナンス・セキュリティアプリケーション「System Doctor 2006」、3位がGAINネットワークからの広告によって維持されているプライバシー・セキュリティのソフトウェア「WebSecureAlert」となった。

 トロイの木馬では、1位がコンピュータ上に他の脅威をダウンロードするダウンローダ「Trojan-Downloader-Zlob」、2位がコンピュータがオンライン時にハッカーに無制限のアクセスを許すトロイの木馬「Trojan-Backdoor-Poebot」、3位がユーザーの気付かないうちに許可なくウェブサイトへのアクセスを許すトロイの木馬「Trojan Hachilem」となっている。3種とも危険度は「非常に高い」としている。

 ウェブルートでは、今回新たに「MalwareBurn」を定義ファイルに加えた。このアドウェアは、日本語化されていないものの日本語での広告、製品説明ページを用意し、日本人も狙った偽のセキュリティソフトウェア。

 このような日本人を狙った偽のセキュリティソフトの出現は後を絶たず、ユーザーはネット上からソフトウェアをインストールする場合、そのソフトウェアの信頼性を十分確認したうえで、注意してインストールする必要があるとしている。

 このランキングは、ウェブルートのスパイウェア検索ツール「Spy Audit」を利用して集められた最新のスパイウェアの情報をまとめたもの。ランキングは、アドウェアとトロイの木馬のそれぞれが発表されているが、システムモニタは検出率が低いため、今月からランキングを休止している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    安全なテレワークや在宅勤務を担保する、DCセキュリティの新パラダイム

  2. コミュニケーション

    PC不要!自宅でも会議室でも即ミーティングが可能!脅威のシンプルさの秘密とは?

  3. クラウドコンピューティング

    【事例動画】顧客との“つながり”を創出し「モノ」から「コト」へと実現したIoT活用法とは

  4. セキュリティ

    セキュリティ侵害への対応は万全ですか?被害を最小限にとどめるための10のヒントを知る

  5. セキュリティ

    SANS「2020 CTI調査」が明かす、サイバー脅威インテリジェンスの最新動向

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]