編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

Adobe SpryとDreamweaver CS3であのエフェクトもサクサク:魅力のAjaxライブラリAdobe Spry入門 - (page 2)

たにぐちまこと(H2O Space.)

2007-09-13 17:00

XMLを表示する

 次に、XMLファイルを表示するテーブルを作ってみよう。まずは、適当なXMLファイルを作成する。ここでは、Spryの「data」フォルダにある「scores.xml」を利用した。



    
        Blue Team
        12
        43
        12
        23
        6
    
...

 新しいHTMLファイルを作成して、XMLを同じ場所にコピーする。そしたら、「挿入」バーの「Spry」グループの中から「Spry XMLデータセット」ボタンをクリックしよう(図2-1)。図2-2のようなダイアログボックスが表示されるので、それぞれ設定して[OK]ボタンをクリックする。

図2-1
図2-2

 次に、同じバーにある「Spryテーブル」をクリックしよう(図2-3)。今作った「データセット」が設定されているので、下に表示されている列の一覧から「round1」をクリックして[ヘッダーがクリックされたときにソート]チェックボックスをクリックする。これで[OK]ボタンをクリックすれば準備完了だ(図2-4)。

図2-3
図2-4

 適当なスタイルを施して、Webブラウザに表示するとXMLのデータがテーブルとして表示されるようになる。さらに、「Round1」と書かれた見出しをクリックすると、その場で並び替えされるのである。(図2-5)

図2-5

 こちらも作られるJavaScriptコードは、次の1行だけだ。


 しかし、拡張属性やネームスペースの宣言なども含めて、DWCS3がすべて代行してくれるため、非常に心強いと言える。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]