編集部からのお知らせ
新着! 記事まとめ集「銀行のITビジネス」
EDRの記事まとめダウンロードはこちら

Java版ActiveRecord--"ActiveObjects 0.5"

原井彰弘

2007-09-13 20:26

 9月9日、Daniel Spiewak氏はO/Rマッピングフレームワーク「ActiveObjects 0.5」を発表した。Apache License, Version 2.0で公開されている。

 ActiveObjectsは、Javaで動作するO/Rマッピングフレームワーク。RubyのO/Rマッピングフレームワーク「ActiveRecord」から発想を得て開発されたものであり、「Convention over Configuration」の原則に則ったシンプルで簡単なAPIが特徴だとしている。また、多層のキャッシングシステムと遅延ロード機能によって、Hibernateなどこれまでのフレームワークと比較して、大幅に上回るパフォーマンスをポテンシャルを持っているとしている。

 なお、今回リリースされたActiveObjects 0.5は、テスト用にリリースされた不安定版。最初の安定版のリリースはこれからになるとのことである。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]