ヴイエムウェア、デスクトップ仮想化ソフト最新版を発表

藤本京子(編集部) 2007年09月19日 19時37分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 ヴイエムウェアは9月19日、デスクトップPC向け仮想化ソフトウェアの最新版「VMware Workstation 6(日本語版)」と、仮想化技術でデスクトップPCを管理するためのソフトウェア「VMware ACE 2 Enterprise Edition(日本語版)」を発表した。

三木氏 ヴイエムウェア 代表取締役社長 三木泰雄氏

 VMware Workstationは、最初のバージョンが米VMware創業1年後の1999年にリリースされたという同社にとって一番歴史のある製品だ。今回のバージョンアップで第6世代となり、「ほぼ毎年アップグレードしていることになる」とヴイエムウェア 代表取締役社長の三木泰雄氏。三木氏によると、Workstationの新機能を今後サーバ用ソフトウェアに展開する予定もあるという。

 VMware Workstationの新バージョンでは、ゲストOSまたはホストOSとして「Windows Vista」が使用できるようになった。マルチモニタでの表示も可能となり、1つの仮想マシンを複数のモニタで見たり、複数の仮想マシンを別々のモニタで見たりといったこともできる。また、USB 2.0もサポートした。

 ほかにもVMware Workstation 6は、仮想マシンの記録と再生を試験的にサポートした。これは、入力や出力、途中の決定内容など、仮想マシンのすべてのアクティビティを記録する機能だ。ユーザーは、記録開始時点までさかのぼってアクティビティを再生できるため、仮想マシンが毎回正確に同じ動作をするか確認したり、バグを再現して解決したりできる。また、新バージョンは統合開発環境(IDE)から仮想マシン内部のプログラムを直接展開、実行、デバッグできるため、「Eclipse」や「Microsoft Visual Studio」と統合してデバッグ時間が短縮できる。

 ヴイエムウェア システムズエンジニアリング マネージャーの平谷靖志氏は、VMware Workstationが「IT管理者や、ソフトウェア開発者およびテスト担当者、セールスやトレーニング担当者などに最適だ」と説明する。「IT管理者は、本番環境の導入前に仮想マシンでデスクトップとサーバを構築し、テストするといった使い方が可能だ。開発者も、複数のOSとアプリケーションを1台のマシンで構築できるため、開発やテスト期間の短縮やハードウェアコストの削減に結びつく。また、トレーニング担当者も、さまざまな仮想マシン上で複雑な構成や多層構成のデモを実行できる」(平谷氏)

 一方のVMware ACE 2は、企業で統一したPC環境を作る際、企業ポリシーに合わせたOSやソフトウェアなどをパッケージ化し、そのパッケージ(ACEパッケージ)を仮想マシンとして各個人のPCに導入することで、企業内のPC管理を容易にする製品だ。ACEパッケージは、Workstationが搭載されたPCで作成する。

 パッケージ化された仮想マシンは、PCにそのままインストールすることもできるが、新しい「Pocket ACE機能」を使ってUSBメモリなどの外付けデバイスから利用することも可能だ。仮想マシンの入ったUSBメモリを自宅のPCに差し込めば、自宅でも企業ポリシーに合ったPC環境が再現できることになる。

 ACE最新バージョンは、Workstation 6を基盤としているため、WorkstationでサポートするVistaやUSB 2.0がACEでもサポートされている。また管理面では、「ACE Management Server」を利用して、一元サイトから各仮想マシンや仮想マシングループのポリシーを更新することもできる。

 今回デスクトップの仮想化ソリューションを拡充したヴイエムウェアだが、XenSouceの買収を発表したCitrix Systemsもデスクトップの仮想化には注力している。この買収について三木氏は、「市場への影響は大変大きい。デスクトップの仮想化はさらに拡大していくだろう」としており、ヴイエムウェアとしてもデスクトップソリューションを今後も強化していく考えを示した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
ビジネスアプリケーション

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
ハードから読み解くITトレンド放談
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
Gartner Symposium
企業決算
ソフトウェア開発パラダイムの進化
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化