Ubuntu系ディストロ「Linux Mint」のベータ版「Celena BETA 021」が公開

原井彰弘

2007-09-20 13:48

 9月18日、Linux MintプロジェクトはLinuxディストリビューション「Linux Mint」の新しいベータ版「Celena BETA 021」を公開した。

 Linux Mintは、デスクトップ向けのUbuntu系Linuxディストリビューション。Ubuntuで不足していたマルチメディア関連のサポートを強化しているのが特徴である。また、Ubuntuの茶色をベースとしたデスクトップの配色とは対照的に、Linux Mintでは水色を基調とした配色になっている。

 今回リリースされたのは、Linux Mint 3.1(コードネーム「Celena」)としてリリースされる予定のもののベータ版で、Linux Mint 3.0をベースとしておりUbuntu 7.04との互換性がある。Celenaでは、初期設定ウィザード「MintAssistant」や、ネット上へのファイルのアップロードを簡単に行える「MintUpload」、PDFの作成機能などが追加されており、安定性やパフォーマンスも以前に比べて向上するという。

 なお、Celena BETA 021では、前回リリースのBETA 017と比較して、aptコマンドが追加されたほか多数のバグ修正が行われている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]