SpryとAIRもDreamweaverで楽々 - (page 2)

たにぐちまこと(H2O Space.)

2007-09-20 19:43

 ただし、現在Spryはもちろん、AIRやこれから紹介する「Adobe AIR Extension for Dreamweaver CS3 beta(以下、Extension)」も、すべて開発中のプロダクトとなっている。特に、「Extension」についてはインストールするとDWCS3がエラーメッセージを表示するようになるというバグが含まれているため、業務で使っているマシンへのインストールなどは避けた方がよいだろう。試す場合には、自己責任でお願いしたい。

 さて、それではまずはAdobe AIRのランタイムをインストールしよう。次のサイトから入手することができる。

Adobe Labs - Downloads: Adobe Integrated Runtime (AIR)

 自分にあったプラットフォーム向けのインストーラーをダウンロードして起動すると、図1-2のようにしてインストール作業が始まる。これで、AIRアプリケーションを利用できるようになった。

図1-2 Airのインストール

 次に、DWCS3向けのExtensionをインストールしよう。次のサイトから入手することができる。

AIR:Dreamweaver CS3 Extension - Adobe Labs

 ダウンロードすると「.mxp」という見慣れない拡張子のファイルが現れる。これは、旧Macromediaの各種ソフトウェア(Dreamweaver、Flash、Fireworks)で利用できる拡張モジュールで、「Extension Manager」というソフトウェアで管理することができる。ダウンロードしたファイルをダブルクリックすれば、インストールが開始されるだろう(図1-3)。

図1-3 Airのインストール

 インストールが完了したら、DWCS3を再起動すれば準備完了だ。ただ、先にも書いたとおりこのExtensionにはバグが含まれていて、DWCS3を起動すると図1-4のような警告が表示されてしまう。しかも、ことあるごとに2-3回表示されることもあるが、どれも動作自体には支障がないので、安心してほしい。

図1-4 エラーの表示されるバグが……

 それでは、AIRアプリケーションを作ってみよう。まずは、「サイト」を作る必要がある。[サイト][新規サイト]メニューをクリックして、ダイアログの上部タブで「詳細設定」を選ぼう(図1-5)。サイト名とディレクトリを適当に設定したら、[OK]ボタンをクリックする。

図1-5 サイトの定義

 ここにAIRアプリケーションの本体を作り上げていく訳だが、特別な気構えは必要なく、普通のWebページを作ればよいだけだ。例えばここでは、前回の連載で作ったアコーディオンウィジットを使ったWebページの例を作ってみた。(図1-6)

図1-6 通常のWebページと同じように製作すれば問題ない

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

マイナンバーカードの利用状況を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]