オープンソース化に踏み切る適切な時期を考える

文:Matt Asay(Special to CNET.com)
翻訳校正:ラテックス・インターナショナル 2007年09月26日 08時00分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 私はここ2日、Alfrescoの経営陣とこの四半期を振り返るとともに、次の四半期(そして来年)の計画を立てた。そして、当社のライセンス供与モデル(ちなみにこれはあらゆる観点からこれまでのところ非の打ち所がない)について話していたのだが、今日になって、コードをオープンソース化するには最適な時期があるのだとひらめいた。

 しかし、いつその段階に到達したかを見極めるのは必ずしも容易ではない。

 一般に言って、企業には以下の3つの選択肢がある。

  1. 最初から
  2. 市場への製品の浸透が始まったが、てこ入れが必要なとき
  3. 製品の市場の大部分が消えてなくなってしまったとき、復活を期待して

 これらの選択肢について順番に説明しよう。

 製品を初めからオープンソース化するのはおそらく最も容易である。なぜなら、あとからいろいろと面倒で複雑な決断をする必要がないからである。とにかく100%オープンソース化するのである。キラープロジェクトと強力なコミュニティーを活用して、製品をあまねく普及させ、成長から金をもうける方法を探し出すのである。なんと簡単な話ではないか。

 そうかもしれない。しかし、コードの生みの親として強大な影響力を持つブランドがない場合は、ソースコードを中心に事業を構築するのははるかに難しくなる。換言すれば、ある企業が「コードの生みの親」であるということは、企業(またはプロジェクト)に存在感がある場合にのみ大きな意味を持つ。その段階に達するまでは、そのようなコードは誰かに乗っ取られてもあまり文句を言えないような個性の乏しいコードにすぎないのだ。

 このことから、オープン化が可能になるまでの速度はブランドの成熟度と何らかの関係があるのではないかと考えたことがある。

画像の説明
提供:Robin Vasan, Mayfield

 そうかもしれないし、そうではないかもしれない。しかし、これは私も重々承知していることだが、いずれにしても、他の企業ではなく、プロジェクトのトップ企業から買収することを決断できるほど自社のブランドが成熟していないのにコードをオープン化していいのかという懸念は無視できない(もちろん、そもそもそのプロジェクトがユーザーから評価されているのかを議論するのはさらに重要である。これは検討の余地がある点ではないだろうか)。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
関連キーワード
OS

関連ホワイトペーパー

SpecialPR

連載

CIO
研究現場から見たAI
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
内製化とユーザー体験の関係
米ZDNet編集長Larryの独り言
今週の明言
「プロジェクトマネジメント」の解き方
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
Fintechの正体
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
情報通信技術の新しい使い方
三国大洋のスクラップブック
大河原克行のエンプラ徒然
コミュニケーション
情報系システム最適化
モバイル
通信のゆくえを追う
セキュリティ
セキュリティの論点
ネットワークセキュリティ
スペシャル
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
CSIRT座談会--バンダイナムコや大成建設、DeNAに聞く
創造的破壊を--次世代SIer座談会
企業決算を追う
「SD-WAN」の現在
展望2017
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
PTC LiveWorx
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
さとうなおきの「週刊Azureなう」
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
中国ビジネス四方山話
より賢く活用するためのOSS最新動向
「Windows 10」法人導入の手引き
Windows Server 2003サポート終了へ秒読み
米株式動向
実践ビッグデータ
日本株展望
ベトナムでビジネス
アジアのIT
10の事情
エンタープライズトレンド
クラウドと仮想化