NTTデータら3社、「オープンキューブデータ有限責任事業組合」を発足

目黒譲二

2007-09-26 19:42

 NTTデータ、ニューソン、マイクロソフトの3社は9月26日、ワークフロー市場での互いのビジネス連携を強化するため、「オープンキューブデータ有限責任事業組合」を発足させ、10月1日より営業を開始すると発表した。

 オープンキューブデータ有限責任事業組合は、NTTデータが開発したワークフローパッケージ製品「OpenCube lite」の販売展開を目的とした有限責任事業組合(LLP)。

 NTTデータよりOpenCube liteの販売、開発および保守に係る事業の移管を受け、同製品および関連ソリューションの提供を通して、企業における経営品質や業務効率向上のための支援体制の強化を図るとしている。

 このLLPにおいて、マイクロソフトは「Microsoft Office SharePoint Server 2007」とOpenCube liteとの連携を図り、社内の情報管理を強化することにより、業務生産性や利便性の向上と、コンプライアンス確立の両面を実現するエンタープライズコンテンツ管理ソリューションを提供する。

 ニューソンは、OpenCube liteの販売実績や高度な技術力を生かし、OpenCube liteの専任部隊やマイクロソフト製品に特化したエンジニア部隊の組織化を行い、顧客向け販売や導入支援や教育、ビジネスパートナー向けへの技術支援を手掛ける。

 NTTデータは、事業を取りまとめ、コーディングが不要で導入が容易であるOpenCube liteのメリットを生かし、従来の官公庁や大企業に加え、中小規模企業へ顧客基盤を拡大させるとしている。

 なお、同LLPは、マイクロソフトのコンテンツ管理環境構築システムであるSharePoint環境との情報連携機能を標準装備したOpenCube liteの新製品「OpenCube lite 2008」を10月1日より販売開始する。パッケージ本体価格は300万円。

 今後は、期間を定めた形態でマーケットの開拓と販売を行い、3年後には10億円の市場規模を目指す。経営基盤の安定が見えた時点で、次ステップの経営形態へ移行展開を図るとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]