首相を騙った標的型攻撃:ファイルのプロパティに中国名の「作成者」

冨田秀継(編集部) 2007年09月27日 10時20分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 トレンドマイクロが運営する「Trend Micro Security Blog」で、福田康夫首相を騙ったメールに関するエントリが掲載された。メールにはトロイの木馬が圧縮されたファイル「mofa.zip」が添付されており、標的型攻撃ではないかとみられている。

 エントリによると、解凍後のファイル名は「mofa.exe」だが、Wordファイルのアイコンが表示されるため、拡張子を表示しない設定にしている場合、不審なファイルであることに気づきにくくなっているという。トレンドマイクロではmofa.exeを、「TROJ_AGENT.AAXT」として検出するとしている。

 mofa.exeを実行するとWordファイル「mofa.doc」が展開、福田首相の公式サイトの一部が表示されるという。しかし、フォント「SimSun」が使用されているため、Windows 2000環境のWord 2000では文字化けして表示される。SimSunは日本語環境での中国語や、中国語環境での日本語を表示させる場合に使用されるフォント。Windows XPでは日本語として表示されるという。

 また、エントリではWordファイルのプロパティを閲覧した際の画像が掲載されている。トレンドマイクロでは、プロパティの「作成者」の欄に中国語の名前が記載されていることを確認したという。また、掲載されている画像からは、Wordファイルのタイトルが「くにづくりの基本理念」であり、作成日時が「2007/09/24 3:04」であることが伺える。

 首相を騙ったメールと標的型攻撃については、毎日新聞社が25日に報道、セキュリティベンダの米Symantecも26日にブログで情報を公開していた。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

この記事を読んだ方に

関連キーワード
セキュリティ

関連ホワイトペーパー

連載

CIO
IT部門の苦悩
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
「企業セキュリティの歩き方」
「サイバーセキュリティ未来考」
「ネットワークセキュリティの要諦」
「セキュリティの論点」
スペシャル
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft WPC
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell EMC World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
より賢く活用するためのOSS最新動向
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
米株式動向
日本株展望
企業決算