編集部からのお知らせ
PDF Report at ZDNet:「ドローン活用」
「ニューノーマル」に関する新着記事一覧

業界タイムマシン19XX--Trip11:セイコーエプソン vs. NEC PC-98互換機騒動 - 4/6

大河原克行

2007-09-28 12:00

 ……ようこそ、「業界タイムマシン」のコックピットへ。私は、ナビゲーターの大河原克行です。このコーナーでは毎回、IT業界の歴史を、当時の写真を交えながらご紹介していきます。
 さて、今回のテーマは、「セイコーエプソン vs. NEC PC-98互換機騒動」です。
 1987年3月、セイコーエプソンは、「PC-9800シリーズ互換機」を発表しました。欧米では、標準機となっていたIBM PC/ATの互換機が市場を席巻していましたが、日本では、各社が独自の仕様を発表。その中でNECの「PC-9800シリーズ」が圧倒的なシェアを獲得していました。その独自市場において、セイコーエプソンが投入したのが、国内初の98互換機「PC-286シリーズ」でした。この製品の発売によって、日本の標準機を巡るPC市場の動きは大きく変化しはじめました。今回は、98互換機であるPC-286の登場時を振り返ってみましょう。
 それではこれから、あなたをIT業界の過去へと誘います……。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)
 4日遅れとなった98互換機発表の記者会見に出席したセイコーエプソン、エプソン販売の幹部。右から、取締役広報室長の筆内和雄氏、セイコーエプソン専務取締役の相澤進氏、エプソン販売社長の岡本達氏、エプソン販売営業本部副本部長の斉藤博美氏(役職はいずれも当時)。出席者の後方には、PC-286のポスターが貼られた。ここに書かれたキャッチフレーズは、「ソフトが待っていた」。PC-9800シリーズの豊富なソフトウェア資産を活用できることを示したものだ。それまで、国内パソコンメーカーのシェア争いは、その機種向けに出されているソフトの数に左右されていた。互換機の登場によって、競争の焦点は、ソフトの数から、ハードの性能、価格へと変化したことを示すキャッチコピーだったともいえる。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)

 4日遅れとなった98互換機発表の記者会見に出席したセイコーエプソン、エプソン販売の幹部。右から、取締役広報室長の筆内和雄氏、セイコーエプソン専務取締役の相澤進氏、エプソン販売社長の岡本達氏、エプソン販売営業本部副本部長の斉藤博美氏(役職はいずれも当時)。出席者の後方には、PC-286のポスターが貼られた。ここに書かれたキャッチフレーズは、「ソフトが待っていた」。PC-9800シリーズの豊富なソフトウェア資産を活用できることを示したものだ。それまで、国内パソコンメーカーのシェア争いは、その機種向けに出されているソフトの数に左右されていた。互換機の登場によって、競争の焦点は、ソフトの数から、ハードの性能、価格へと変化したことを示すキャッチコピーだったともいえる。(画像をクリックすると、次のページへ進みます)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]